気になるけど怖いと感じるあなたへ!アフターピルの副作用を徹底解説

気になるけど怖いと感じるあなたへ!アフターピルの副作用を徹底解説

性行為後でもできる避妊法!アフターピルとは?

アフターピルとは排卵を遅らせたり、受精卵が子宮内膜へ着床することを防止することで避妊効果を発揮します。

その効果は避妊回避率80%と言われており、性行為から24時間以内に服用した場合、95%もの高い確率で妊娠を阻止することができるとされています。

しかし、それだけ高い効果を発揮するということは、低用量ピル(OC)よりも強めの薬であり、副作用が出ることが多いものとなります。アフターピルは使い方を誤れば危険です。

ピルを服用することに躊躇はありましたか?

実際にアフターピル『マドンナ』を使用した女性の体験談(口コミ)はこちら

マドンナ

マドンナ
  • 不意に妊娠の可能性ができたときに使う事後避妊薬
  • 避妊に失敗したかも…なんて不安なときに
  • 早ければ早いほど成功確率が上がります

1箱 2錠

1,980円

商品詳細・口コミへ

コンドームが破けてた!?そんな時に後でも大丈夫な緊急避妊薬マドンナ

アフターピルの主な副作用は吐き気

アフターピルの主な副作用は吐き気

アフターピルの副作用として、多く見られる症状には、吐き気があげられます。吐き気を感じる場合は、吐き気止めを一緒に飲むなどするといいでしょう。以下が、アフターピルの副作用として見られる症状の一覧です。

  • 吐き気
  • 頭痛
  • めまい
  • 倦怠感
  • 出血量の増・減
  • 下腹部の痛み
  • いらつき
  • むくみ

アフターピルは中・低用量ピルよりもホルモン含有量が多いため先ほど上記で説明した通り吐き気などの副作用が強く、副作用を感じる可能性も上がります。

服用後に嘔吐してしまうと避妊効果が下がる

アフターピル服用後の副作用で吐き気を感じるという方は約50%といわれ、そのうち約20%の方が嘔吐してしまうと言われています。アフターピル服用後の副作用による吐き気で服用から2時間以内に嘔吐してしまうと、体内に完全に避妊に必要なホルモン量を吸収できないため得られる避妊効果は低くなり避妊に失敗してしまう可能性が高くなります。この場合、ただちにもう1度アフターピルを服用する必要があります。

2錠タイプのものの場合は1錠目よりも2錠目の服用時に嘔吐してしまうというパターンが多いと言われています。もし、2錠目服用後2時間以内に嘔吐してしまった場合にも2錠目をただちにもう1度服用する必要があります。(1錠目の服用後2時間以内に嘔吐してしまった場合も、ただちにもう1度1錠目を服用する必要があります。)

アフターピルは避妊失敗から服用までの時間が避妊成功率に非常に大きなポイントとなります。過去にアフターピルの服用経験のある方なら服用後の副作用の感覚が分かると思いますが、初めて服用する方の場合には服用後の副作用がどのように出るかが予測できないので、もし吐き気が強く嘔吐してしまってもすぐに対処できるようアフターピルは2箱(2回分)用意しておくのが良いです

アフターピルの副作用(吐き気・嘔吐)を緩和するには吐き気止め!

アフターピルの副作用を緩和するのに「吐き気止め」を使うというのがとてもおすすめです!

ここで【アフターピルと吐き気止めを併用して飲み合わせても大丈夫なの?】【効果が薄れたりしないの?】と心配される方もいるかもしれませんが、アフターピルと吐き気止めは併用しても問題はありません

吐き気止めにもいろいろ種類があると思いますが、アフターピルでの吐き気はホルモンバランスが乱れたことによる反応から起こるものなので、アフターピルの副作用緩和には市販のものであれば「乗り物酔いの酔い止め」がいいですよ。また、病院やクリニックでアフターピルを処方してもらう際に吐き気止めをお願いすれば一緒に処方してもらえます。市販のものでも心配な方は薬剤師にピルと併用するという事を相談すれば良いでしょう。

ほぼその様な事はありませんが、もしアフターピル服用後に激しい胸痛や頭痛を感じた場合は重篤な副作用の可能性があるので、医者にかかるようにしてください。

副作用は24時間以内におさまる

アフターピルによる副作用は時間経過とともに和らぎ、24時間以上続くことはまれです。

また、不妊症やその他の後遺症が残るんじゃないかと不安を抱えている方も多くいらっしゃいます。しかし、アフターピルによって、不妊症、後遺症が残る可能性はゼロです。かなり安全性の高い避妊法と言えます。

子宮内容除去術など中絶手術と比べると、麻酔使用のリスクなどを始め、身体・経済・精神への負担は格段に低いといえます。

注意点

  • 心配だからということで、更にピルを増量したり、他の薬剤を自らの判断で使用しないでください。
  • ピル服用時間が、性行為後72時間を超えないよう注意してください。
  • 「アフターピルを服用したから、その後の妊娠の心配はないだろう。」という考えは誤りです。次の生理が来るまでは、コンドームを使うなどして避妊する必要があります。
  • アフターピル服用により 生理がすぐに始まる訳ではありません。
  • 予定された生理よりも出血が1週間以上遅れるようでしたら、産婦人科を受診されてください。

アフターピルは“緊急避妊法”であり、最後の手段です。アフターピルはドラッグストアなどでは買えないので、いざというときの為、24時間以内に服用できるようにマドンナなどのアフターピルを常備しておくことで、望まない妊娠を防げます。ただし、アフターピルは低用量ピルのように病院やクリニックで前もって処方してもらう事が出来ないものなので、常備しておくには個人輸入での購入方法しかありません

マドンナ

マドンナ
  • 不意に妊娠の可能性ができたときに使う事後避妊薬
  • 避妊に失敗したかも…なんて不安なときに
  • 早ければ早いほど成功確率が上がります

1箱 2錠

1,980円

ショップへ

アイピル

アイピル
  • 緊急避妊薬(モーニングアフターピル)
  • 24時間以内の服用で95%の避妊成功率
  • 72時間で75%の避妊成功率

1箱 1錠

1,980円

ショップへ

その後の生理が乱れる事もあります

アフターピルを利用すると、その後3ヵ月程(人により個人差があります)生理周期が乱れるということがあります。これは、アフターピルの服用で急激にホルモンバランスが乱れてしまう為で、この事からもアフターピル1錠又は2錠の作用が強いという事が言えます。因みに低用量ピルではそのような事はありません。

これに関しては時間が経てば元の周期に戻っていくので何も心配いりませんが、それだけの作用のあるものなのでアフターピルを乱用するようなことは絶対にやめましょう!

副作用が心配なら1錠タイプよりも2錠タイプ!

アフターピルにも低用量ピル同様種類があります。アフターピルの場合は低用量ピルのような成分の違いはありませんが、1錠タイプのものと2錠タイプの2種類あります。

1錠タイプのものであれば1度の服用で済むためとても扱いやすいのですが、1度で摂取するホルモン量が多いため副作用が強く出やすいという点もあります。一方、2錠タイプのものは最初に1錠服用したのち時間を空けてもう1錠服用しなければならず2錠目の飲み忘れのリスクはありますが、1度のホルモン摂取量が1錠タイプのものの半分になる為その分体への負担や副作用が分散されます。

ですので、アフターピルを使うにあたって副作用の事が心配なのであれば1錠タイプのものではなく2錠タイプのものを利用するのが良いでしょう。飲み忘れが心配であれば携帯などのアラーム機能を使うなどでいくらでも対処できると思います。

2錠タイプのアフターピルには次のようなものがあります。

ポスティノール

ポスティノール
  • 性行為後でもできる避妊
  • 24時間以内の服用で90%の避妊成功率
  • 72時間以内の服用で80%の避妊成功率

1箱 2錠

2,480円

商品詳細ページへ

マドンナ

マドンナ
  • 不意に妊娠の可能性ができたときに使う事後避妊薬
  • 避妊に失敗したかも…なんて不安なときに
  • 早ければ早いほど成功確率が上がります

1箱 2錠

1,980円

商品詳細ページへ

アフターピルの副作用よりも中絶の方が遥かにダメージは大きい

アフターピルの副作用がとても心配だという人は少なくありません。実際に個人差はありますが1日寝込むほど副作用が強く現れるという人もいます。しかし、望まない妊娠をしてしまい中絶する方が遥かに体への負担は大きく、また、体だけでなく心の負担というのも想像できない程とても大きなものになります。

妊娠を望まず性行為をするのであれば妊娠の心配がないように日頃からきちんと避妊を意識し対策を取るという事がとても大切です。1番は低用量ピルによる避妊をする事ですが、もし妊娠の可能性が生じた場合にすぐに適切な処置を取る事も重要です。

中絶というものがどのように行われ、それによって伴う体と心の負担というのがいかなるものなのか?という事についてはこちらの【望まない妊娠による中絶の真実】をご覧ください。

もっと安心したい方へ

もっと安心したい方には低用量ピルがおすすめです。低用量ピルはアフターピルを分割して少量にしたもので、1日一錠飲む必要はありますが、その分アフターピルと比べて体への負担が小さく女性にとって多くのメリットがあります。

低用量ピルの主なメリットがこちら

  • 避妊成功率99.7%
  • 生理痛軽減
  • 肌荒れ解消
  • 生理日を自分で調整できる
  • 生理前のイライラ改善
  • 生理不順がなくなり規則正しくなる
  • 貧血の改善
  • 卵巣ガン・子宮体ガンの減少
  • ニキビや多毛症の改善

特にホルモンの量が抑えられて副作用の少ないトリキュラーは、日本で最も人気の低用量ピルでおすすめです。

トリキュラー

トリキュラー
  • 避妊成功率99.9%
  • 生理が原因のイライラや肌荒れ、頭痛がなくなり、月経痛もほとんど感じない
  • クリニックでも処方される最もポピュラーな低用量ピル

1箱 21錠

3,980円

ショップへ

トリキュラーについて詳しくはこちら

アフターピルは予備・緊急用に持っておき、普段は確実な避妊法であり生理の軽減・美容目的としても効果的な低用量ピルの服用をおすすめします。トリキュラー以外の低用量ピルはこちらの【ピル取り扱い商品一覧】にございます。

関連記事