アフターピルとは?性行為後でもできる避妊法!?

性行為後でもできる避妊法!アフターピルとは?

女性なら避妊法をしっかり知っておくべき

たまに知恵袋などの掲示板を覗くと避妊に失敗してしまい、どうして良いか分からず助けを求める女性の投稿をよく目にします。内容を見てみると中にはあまりにも無知で無責任な内容のものもあったりするのですが、性行為をする全ての女性はそうなる前にきちんと低用量ピルやアフターピルの事、避妊について知るべきです

私の印象では、低用量ピルやアフターピルの存在は知っているもののどこで購入できるのか?それらが一体どういうものなのか?という事をほとんど知らないといった人が特に若い女性に多いと感じています。

現代では初体験の低年齢化が問題視されており、それによる中絶も増えています。性行為自体が悪いものではありませんし、してはいけないとは言いませんが、快楽や欲・好奇心のみで先の事などをしっかり考えない無責任な性行為は悲しい結果しか生みません。この事に関して心身共に大きな負担を抱えるのは「女性」であるという事、そしてそれによって大きく人生が左右されてしまうのも「女性」なのです!!

アフターピルにもいろいろな種類のものがありますが、最も人気でポピュラーなアフターピルは「マドンナ」と「アイピル」です。

マドンナ

マドンナ(madonna)
  • 不意に妊娠の可能性ができたときに使う事後避妊薬
  • 避妊に失敗したかも…なんて不安なときに
  • 早ければ早いほど成功確率が上がります

アイピル

アイピル
  • 緊急避妊薬(モーニングアフターピル)
  • 24時間以内の服用で95%の避妊成功率
  • 72時間で75%の避妊成功率

避妊において1番良いのは普段から低用量ピルを服用する事ですが、【低用量ピルでの避妊に関しては⇓の画像をクリックして詳細をご覧ください。

低用量ピルでの避妊

ここではアフターピルでの緊急避妊についてのみお話しします。

性行為後でもできる避妊、それが「アフターピル」です。普段は気をつけていても、不意に妊娠の危険を感じた瞬間というのはやってくるものです。

例えば、よくある話しとしてコンドームの破れや、脱落。また、避妊として無意味である膣外への射精などがあげられます。医師の話ではウレタン製コンドームなどの場合、製品自体に問題はないがゴワつきから根元までさげずに使う人が多く、その結果コンドームが途中で外れてしまう事も多いとのこと。

そんな不意の事故に、知っておくべき緊急避妊法がアフターピルです。ただし、これは100%ではありません。アフターピルは望まない妊娠を防ぐ最後の手段と考えてください。

目次

モーニングアフターピルについて

モーニングアフターピルについて

モーニングアフターピルとは緊急避妊薬のことを指します。よくアフターピルやあとピルなどと略されて呼ばれます。

アフターピル(緊急避妊薬)はその名の通り、何らかの事情で避妊に失敗した際に、望まない妊娠のリスクを下げるために作られた避妊薬です。性行為後に飲むことで効果を発揮しますが、これは早く飲めば飲むほど効果があります。

定期的に飲む低用量ピルと違い、中用量ピル(プラノバールなど)や高用量ピル(ノルレボ錠)を使用し、ホルモンバランスを急激に変化させることで効果を発揮します。

「どういう仕組で避妊できるのか?」

アフターピル(緊急避妊薬)は、先ほども少しお話ししたようにホルモンバランスを急激に変化させることで排卵を抑制・遅らせ、受精を妨いで妊娠を防ぎます。また子宮への受精卵の着床を阻止することで、およそ80%以上の確率で妊娠を回避します。アフターピルは中絶とは異なるので、受精卵が着床してしまった後から服用しても効力はありません。

「アフターピルは2種類に分けられる。おすすめはノルレボ錠!」

日本のアフターピルはヤッペ法とノルレボ錠との2種類に分けられます。
アフターピルのヤッペ法とノルレボ錠を比較
ヤッペ法 ノルレボ錠(オススメ)
特徴 プラノバール錠を使用した緊急避妊。現在はほとんど使われない。 プラノバール錠は、もともと緊急避妊を目的とした薬剤ではなく、中用量ピルを転用したもの。 摂取する女性ホルモンの量も多くなってしまうため、副作用も強い。 ヤッペ法の欠点を改良したもの。 厚労省が緊急避妊専用の錠剤として許可したアフターピルであり、ノルレボ錠はプラノバール錠よりも副作用が少ない。 また、飲み忘れのリスクが低く、吐き気もほとんどない。
使用方法 中用量ピルを72時間以内に2錠服用し、その後12時間経過したのちもう2錠服用。 性行為から72時間以内に1錠又は2錠(1錠タイプと2錠タイプあり)服用。(※72時間以内に一錠、更に12時間経過してから2錠目を服用するタイプもあり。)
費用 5,000~7,000円(相場) 3,000~15,000円前後(相場)
代表的ピル プラノバール マドンナ、ポスティノール、ノルレボ

どちらも100%の避妊効果とまでは言えませんが、正しく服用することで高い効果が見込まれます。アフターピル(緊急避妊)で「妊娠」の確率は25%→2%にまで減らすことができます。しかし、この緊急避妊法は女性への負担も大きく、望まない妊娠を防ぐ最後の手段と考えてください。今後の妊娠を確実に防ぐには【低用量ピル】の内服が最も確実です。

ノルレボ

ノルレボ
  • WHO指定アフターピル
  • 1錠タイプなので飲み忘れなし!
  • もしもの時のために

アフターピルの中でも副作用の少ない「マドンナ」

マドンナ

マドンナ(madonna)
  • 不意に妊娠の可能性ができたときに使う事後避妊薬
  • 避妊に失敗したかも…なんて不安なときに
  • 早ければ早いほど成功確率が上がります

今ではアフターピルも色々と種類が豊富となってきました。当サイト内でもいくつかありますが、昔の出たばかりの頃のアフターピルはヤッペ法に比べたら身体への負担や副作用は軽減されていましたが、それでも特に吐き気が強く折角取り込んだアフターピルを飲んですぐにもどしてしまうという人も多かったようです。

現在のアフターピルもやはり副作用として吐き気を感じる人が1番多いようですが、それでも今までのものよりも軽減されており勿論人にもよるのですが耐えられる程に改良されています。今、数あるアフターピルの中でも最もそうした副作用が少ないとされるアフターピルが「マドンナ」です。

マドンナは2錠タイプのアフターピルで、1錠タイプに比べると2錠目の飲み忘れのリスクがありますが、2回の服用に分ける事で1錠タイプのものよりも副作用の吐き気などが軽減されています。また、値段も安くて手頃なのも人気の理由の1つとなっています。

私も過去に2度アフターピルを利用したことがありますが(1度目はノルレボ・2度目はマドンナを使用)私の実体験からしても、値段・副作用共にマドンナの方がよく、副作用に関しては既に1度経験済みだったのでそれを覚悟で使用しましたが、拍子抜けしてしまう程吐き気も弱く且つ避妊効果は確かでした。私はこの2回の使用を期に低用量ピルを利用する様になったのですが、それでも何かの時のために未だに「マドンナ」を常備しています。

1錠タイプと2錠タイプの違いは何?

アフターピルは成分の違いはないものの1錠タイプのものと2錠タイプのものの2種類があります。

1錠タイプのものは1回服用してしまえばいいだけなので使いやすいのですが、その1回で緊急避妊に必要なホルモン量を摂取するため個人差はありますが副作用が強く出やすいのが特徴です。2錠タイプのものは緊急避妊に必要なホルモン量を半量ずつ2回に分けて摂取するため、服用後の副作用も1錠タイプより低減され体への負担が軽いです。ですが、1錠目を服用してから時間を空けて12時間後に2錠目を服用する必要がある為2錠目を飲み忘れてしまうリスクがあります。

どちらの方が良い!というのはありませんし、避妊成功率もそんなに変わらないのでなるべく副作用を軽減するのに2錠タイプのものを選ぶ、飲み忘れて避妊に失敗したら...というのが心配であれば1錠タイプのものといったようにご自分の使い勝手や好みで選ぶと良いでしょう。

出血があれば避妊成功

アフターピル服用後に3日~3週間程度で生理程度の出血があれば避妊成功と言えます。これを「消退出血」といいます。

消退出血は子宮内膜をはがし着床をさせないようにすることで起こるため、妊娠の可能性があった人だけに限らず、アフターピルを使用すれば全員に見られる症状です。

また、出血が見られても妊娠による着床出血という可能性もあります。判断するポイントとしては、個人差はあるものの着床出血は気づかない人もいるほど少量です。生理で見るような赤い血ではなく、血が混じった茶色おりものが一般的です。

「失敗したんじゃないかと不安な方へ」

3週間経っても出血が見られない場合は、 妊娠の可能性があるため妊娠検査薬で調べるなどの確認が必要です。出血量が少ない場合も、市販の妊娠検査薬で良いので確認すると確実でしょう。

アフターピルの副作用

アフターピルは低用量ピルより女性ホルモンが3~4倍ほど強く、強制的に生理を起こして妊娠を防ぐという性質上、その分副作用も出やすいです。 主な副作用

  • 嘔吐
  • 胃のむかむか
  • 頭痛

などを感じる可能性があります。症状は、数時間から半日程度で緩和し、24時間以上続くことはほとんどありません。詳しくは下記をご覧ください。

アフターピルの費用

アフターピルの費用

診療を受けるクリニックによって異なりますが、ヤッペ法に使う中用量ピル(プラノバール)は5,000~7,000円程度、ノルレボ錠は3,000~15,000円前後が大体の相場です。ノルレボの方が金額は高くなりますが、当サイトでは副作用や飲み忘れのリスクを考えるとノルレボ錠をおすすめしています。

クリニックによって値段が大きく違う理由は、保険適用外の自由診療に含まれるためです。ピルの質とピルの値段は比例しません。

また、通販であればノルレボでも2,000円程度で購入できます。詳しくは以下の項目で説明します。

アフターピルは市販してないの?

アフターピルの処方には問診が必要です。アフターピルを手に入れる方法としては、クリニックなどで処方してもらう(保険適用外)か個人輸入代行による通販の2つの方法があります。

アフターピルの処方は自由診療に含まれ、クリニックによって金額が大きく変わります。そのため安く入手が可能な通販を当サイトでは推奨しています。

※ただし、通販には時間がかかることが多く、危険を感じてから注文していては性行為後の72時間(=3日)には間に合わない可能性が高いです。予備として前もって購入しておくなどの対策をおすすめします。

また、アフターピルは服用から2時間以内に嘔吐してしまうと摂り入れた成分が嘔吐物と一緒に体外に出てしまい、完全に避妊に必要なだけの成分を体内に吸収できません。そのため、この場合は避妊成功率が下がってしまうのでただちにもう1度アフターピルを服用する必要が出てきます。ですので、特に初めてアフターピルを利用する際には1回分ではなく2回分(2箱)用意しておく事をおすすめします。

アイピル

アイピル
  • 緊急避妊薬(モーニングアフターピル)
  • 24時間以内の服用で95%の避妊成功率
  • 72時間で75%の避妊成功率

アフターピルは常備用としての処方が出来ない

アフターピルは先ほどお話しした通り、通常処方箋が無ければ手に入れる事ができません。また、低用量ピルであれば何シートかまとめて処方してもらう事が可能なのですが、アフターピルに関しては何かあった時のために事前に病院等で処方してもらうという事ができません。

そのため、アフターピルは何らかの理由により緊急に避妊が必要となった時にのみ処方され、その度に受診が必要となります。ですので、お守りとして常備したいという場合には個人輸入で購入するしか方法がありません

個人輸入に関しては最近ニュースでよく話題となり問題視されていますが、これは個人輸入で悪徳な業者が多い事の証で事実ニュースに取り沙汰されている様なところは山のようにあります。しかし、全ての個人輸入がそうであるという訳ではなく、きちんとした業者もありこの個人輸入によって助かっているという人も多いので一概に全てを否定はできません。大事なのはきちんとした個人輸入業者を見極める事です。

ですが、これを見極めるというのは中々難しいので、ここで優良な個人輸入業者を見極めるポイントを紹介したいと思います。

  • 長年の実績があるか
  • 配送保証があるか
  • 価格が相場と比べ高過ぎたり安過ぎたりしないか
  • 含まれている有効成分は同じか
  • 錠剤の形状やパッケージが正規品と同じか(ただしこれに関しては製造元にて変更される場合もある為違うからと言って100%偽物であるとは断定できない)
  • 利用者などの口コミを見る
  • メールや電話などの問い合わせに対する対応が迅速でしっかりしているか

これらがきちんと当てはまっている所であれば今ニュースになっているような違法サイト等である可能性は低いので利用する際には良くチェックして利用するようにしましょう。※当サイトでご紹介している個人輸入業者はこれらをクリアした安心と信頼の出来る優良業者です。

服用後に生理が来ない方へ

アフターピルを使用すると「服用しなければ来るはずだった、本来の生理予定日」というものはなくなります。

排卵前や排卵期にアフターピルを服用すれば、月に2回生理が来ることもあります。

排卵後に服用した場合は、本来の予定日に生理が来ることが多いです。この場合は、アフターピルによって引き起こされる生理と自然な生理が一緒に起きていることになります。

アフターピルを服用した場合、本来の予定日より遅く生理が来ることはほぼありません。予定日よりも遅くなった場合は、着床出血など、妊娠によって起きた出血の可能性がありますので、妊娠していないか要検査です。

アフターピルを処方してもらうか迷っている方へ

アフターピルを処方してもらうか迷っている方へ

アフターピルは、低用量ピルに比べると副作用も強く、避妊率も確実なものではありません。

しかし、避妊失敗などによる不意の妊娠の可能性にはとても有効です。あなたが妊娠の可能性を抱えているならアフターピルを使用する方が妊娠の可能性は低くなります。

また、アフターピルは保険が適用されません。個人輸入代行による通販であれば安価で手に入れることも可能ですので、念のため予備として持っておくと緊急時に役立つでしょう。

通販ではノルレボ錠と同じ成分で作られたマドンナポスティノールというアフターピルが人気です。

マドンナ

マドンナ(madonna)
  • 不意に妊娠の可能性ができたときに使う事後避妊薬
  • 避妊に失敗したかも…なんて不安なときに
  • 早ければ早いほど成功確率が上がります

ポスティノール

Postinor(ポスティノール)
  • 性行為後でもできる避妊
  • 24時間以内の服用で90%の避妊成功率
  • 72時間以内の服用で80%の避妊成功率

アフターピルの服用と不妊

アフターピルを服用すると「不妊」になってしまうのではないか?と心配される方も結構いらっしゃいますが、1度の使用で不妊になってしまうという事はありません。ですので、その事が心配でアフターピルを利用しようか迷っているのであれば心配ないので安心して服用してください。

中絶の方が遥かに不妊のリスクは高いです。アフターピルには避妊に効果的な効果に期限がありますから、迷っている間に期限が過ぎてしまい妊娠してしまって中絶なんてことにならないようしましょう。

ただし、アフターピルの乱用は不妊を招く可能性があります!何度もアフターピルを利用するのは絶対にやめて下さい。そういう方には日頃から低用量ピルを服用する事を強くおすすめします。

マーベロン

マーベロン
  • 改良を重ねた第3世代の低用量ピル
  • 男性ホルモンの作用が弱いからニキビなどができにくい!
  • ストレスによる生理不順も解消され生理痛も軽くなる!

1箱 21錠

1,280円

商品詳細ページへ

トリキュラー

トリキュラー
  • 避妊成功率99.9%
  • 生理が原因のイライラや肌荒れ、頭痛がなくなり、月経痛もほとんど感じない
  • クリニックでも処方される最もポピュラーな低用量ピル

1箱 21錠

3,980円

商品詳細ページへ

低用量ピルはきちんと服用していれば高確率の避妊が出来ますし、卵巣を休ませホルモンバランスを整えることで妊娠しやすい体作りが出来る為、妊娠に最適な環境を温存する事も出来るのです。ですから「今はまだ妊娠したくないけど将来子供は欲しい!」と思っているのであれば低用量ピルを服用する事で避妊と妊活を同時にすることが出来ますよ。

  

アフターピル勘違いしていませんか?

知恵袋などで最近よく見かける質問にとても驚かされます。避妊をせずに性行為、又はコンドームによる避妊に失敗してしまった為にアフターピルを服用したという話なのですが、問題はその後です。

折角そこで緊急避妊をしたにもかかわらず服用後すぐ、または消退出血を待たずにまた性行為をして避妊しなかった、あるいは避妊に失敗して「どうしたらいいですか?」「もう1度アフターピルを服用しても大丈夫ですか?」といった質問をされている方が驚くべきことに沢山いらっしゃるのです!!

恐らくそのうちの大半が10代などの若い女性だと思うのですが、アフターピルは性行為後にすぐ服用すれば妊娠しなくて済むサプリメントという風に勘違いしているように感じます。

何度も言いますが、アフターピルは致し方なくなった場合の最後の手段として利用するものであって、これさえ飲めば妊娠の心配せずに避妊しないで自分たちの快楽や欲を満たした性行為が出来るなどと軽々しく捉えているのではないでしょうか?あまりにもアフターピルを妊娠しない薬程度にしか考えていない人が多くとても残念に思います。

仮にもし、そうした目的で使おうとするのであれば、アフターピルではなく「低用量ピル」を利用するべきです!!それを推奨するわけではありませんが、低用量ピルを日頃からきちんと服用していれば性行為でいわゆる「中だし」をしても妊娠する可能性はとても低いです。「妊娠したくない」というのは行為の前から決まっている事ですよね?ならば行為の前にしっかりとそうならない為の正しい対策をすべきです。そしてもっときちんとアフターピルや低用量ピル、避妊や自身の身体の事について知るべきだと思います。

アフターピルで想像妊娠!?

「72時間以内にアフターピルを飲んだけど、出血がない!!それに何だかつわりの様な症状もあるし、胸も張って来てる気がする・・・もしかして妊娠!?」こういった女性も結構多いです。しかし、これが妊娠してしまった訳でなく「想像妊娠」だったという話も多いのをご存知ですか?

想像妊娠と聞くと、「妊娠を望む気持ちが強すぎて実際に妊娠していないのに体が妊娠した時のような症状が現れる」と思っている方も多いでしょう。しかし、想像妊娠というのは何も妊娠を望む「ベビ待ち女性」だけでなく、「妊娠しては困る!」という妊娠に強い恐怖心を持つ女性にも起こります。

そのため、避妊に失敗してしまい「妊娠したらどうしよう」と不安でアフターピルを飲んだけど「出血が来るまで毎日不安で仕方ない!」といったストレスや不安が原因で想像妊娠を引き起こし、それによって更に精神的ダメージが大きくなってしまうといった事になってしまうのです。

しかし、想像妊娠によって妊娠初期の様な症状が起こっても、妊娠検査薬で「陽性」反応が出る事は決してありません。ですから、出血がなく妊娠の可能性がある場合にはすぐに妊娠検査薬で妊娠の有無を確かめてみて下さい。通常、生理が来る予定の日から1週間後以降でほぼ確実に判断できるとされています。しかし、現在の妊娠検査薬の精度はとても良く、微量の妊娠した際に分泌される「hCGホルモン」が反応する生理予定日から判断可能な早期妊娠検査薬というものがあります。

悩んでいるより行動が大事です!妊娠してしまっていた場合には次の対策を考えなくてはなりません。妊娠していなかった場合は安心してこのストレスから解放されます。そしてもう2度と同じ思いをしない様にしましょう。

関連記事