30代後半からのプレ更年期にピルがとても有効です!

プレ更年期

30代後半からのプレ更年期

「更年期」とは、閉経をはさんだ前後10年位の期間の事です。

日本人の平均閉経年齢は50歳前後と言われており、45~55歳ぐらいの10年間が更年期に当たります。個人差はありますが、更年期に入りホルモンバランスが大きく崩れると、脳の視床下部から同じく指令が出ている自律神経も乱れ、ほてりやのぼせ、イライラや憂鬱といった症状が生じます。これを「更年期障害」と呼びますが、この更年期症状が、30代後半〜40代前半の本来まだ更年期の期間に値しない年齢で出てくることがあります。

40歳代になると、もうほぼ全ての女性が生理や体調などに何かしらの症状を感じて来ます。これが「プレ更年期」と呼ばれているもので、ホルモン分泌が減少し始めた事による影響が心身に現れ出しこれから本格的な更年期へと入る証となります。

プレ更年期は、本格的な更年期程の日常生活に支障をきたすような症状が生じるまでには至りませんが、「なんだか最近調子がおかしいな・・・」という時期で、じわじわと減りだした女性ホルモンがガタッと急激に減ってくるまでの転換期となります。

このプレ更年期の時期をいかに過ごすかにより本格的な更年期以降に現れる心身の負担が変わってくるのです。これからの人生をより穏やかに過ごすために30代後半から40歳前後で、一度自身の心身が今どのような様子にあるのか?という事を確認しておくことは良いことだと思います。そして、本格的な更年期や閉経を迎えるまでにまだ期間がありながら、女性ホルモンの減少による影響で心身に確実に変化が生じているプレ更年期の女性の対策法として「低用量ピル(OC)」がおすすめです

プレ更年期と低用量ピル

プレ更年期にピルを利用し始めるなら30代後半~45歳が良いと言われています。低用量ピルを服用することでホルモンバランスが整い、プレ更年期における更年期障害の症状が緩和されます。

ピルの副作用で体重が増えたり、吐き気やめまいが生じると言われていますが、そのような副作用が強く現れるのは中~高用量ピルで、低用量ピルであれば10代のニキビ治療に使っても問題ないと言われている程1回の服用に含まれるホルモン製剤の含有量は少ないため、高い安全性があります。低用量ピルにおいて現在では強い副作用はほとんど報告されていない為、ほぼ副作用の心配をする必要はありません

ピルは必ず医師の診察が必要となり、子宮内膜症治療以外の処方の場合は自費診療になり保険がききません。それでも一月あたりの費用は3,000円程度で治療費もそれ程高くなく済みます。何もせずに毎日モヤモヤとするよりはよっぽどいいと思います。

今では海外個人輸入の利用で同じものを病院やクリニックよりも安く、また診察や処方箋なしで購入する事も可能です。とは言え、中には低用量ピルを使用する事で持病が悪化してしまったりといった事もありますので、最初はきちんと病院やクリニックを受診して処方してもらい、処方されたものが自分の体に合っているものであれば、次回から個人輸入を利用するというのが良いでしょう。

低用量ピルとホルモン補填治療の違い

低用量ピルには、体に影響が出る最低限の黄体ホルモンとエストロゲンが含まれています。同じ女性ホルモンではありますが、更年期障害が酷い場合にホルモン補填治療として使用するホルモンは、中に含まれるエストロゲンの量が低用量ピルに比べると5倍も多く含まれています

更年期障害緩和のための低用量ピルとホルモン補充療法との使い分けの目安としては、「30代後半~45歳なら低用量ピル」・「45~50歳なら低用量ピルもしくはホルモン補充療法」・「50歳以上ならホルモン補充療法」とされています。人それぞれホルモンバランスの乱れ具合が違う為、程度によって使い分けられます。

更年期を上手に過ごしましょう

更年期障害の辛さは他人にはなかなか理解してもらえず、一人で抱え込んで思い悩む人も多いといいます。辛い時に、症状や自分の気持ちをゆっくり話せる人の存在は心身を楽にしてくれるので、何でも相談できるような友人や家族を持つことで、更年期を少しでも快適に過ごしていけるといいと思います。

また、症状の辛さから、家に閉じこもりがちになり、さらに症状が悪化してしまう人もいます。趣味やボランティア活動などに積極的に取り組み、生活にメリハリを持って社会との関わりを保つようにしましょう。スポーツやストレッチなどによってストレスを発散することも良いですね。

さらに、バランスの取れた食事も大切です。女性ホルモンと似た物質であるイソフラボンを多く含む大豆製品(豆腐、納豆など)を意識的に摂取することも良いと言われています。

これらは全て更年期を迎える前から心がけることができます。いずれ嫌でも必ず訪れる更年期をより快適に過ごすために少し意識してみては如何でしょうか?また、症状が現れたときには「自分の心身と改めて向き合う良い機会」と受け止め、医師や家族に相談するなど一人で悩んでしまうことのないようにして、より良い日々を過ごしていくことが結果的に更年期を上手に過ごせることに繋がります。

関連記事