【肌荒れ・イライラ解消】避妊効果99%だけじゃない!女性に嬉しいピルのメリット

【肌荒れ・イライラ解消】避妊効果99%だけじゃない!女性に嬉しいピルのメリット

避妊といえばすぐに思いつくのがコンドームではないでしょうか?日本ではコンドームで避妊している人が多いです。しかし、避妊確率はコンドームよりピルの方が高いというのはご存知でしょうか?

当サイトでは、避妊は低容量ピル、性病予防にはコンドームの使用をおすすめしています。このページでは低用量ピルの避妊効果についてご説明致します。アフターピルの避妊効果に関しては【アフターピルとは?性行為後でもできる避妊法!?】で紹介していますのでそちらをご覧ください。

※当サイトで「ピル」と呼称しているのはすべて「低用量ピル(OC)」を指すもので、従来の「中容量ピル」とは異なります。

避妊率はほぼ100%以上!

避妊といえばコンドームですが、実はコンドームの避妊確率は“正しく”使用していても、1年間で15%程度の確率で妊娠することはご存知でしょうか?

さらに、膣外射精(外出し)などで避妊と思っている方、それは間違いです。膣外射精による避妊効果は極めて低く、妊娠する可能性が非常に高いです。これは、射精する前でもカウパー液(いわゆるガマン汁)に精子が含まれているためです。むしろ、精子が凝縮されている分、妊娠(避妊失敗)の可能性も高いです。

「避妊はピルで、性病予防はコンドームで」

コンドームの避妊率が2~15%ということを考えれば、低用量ピルを使用すれば妊娠率がほぼ0%というのはかなり高い避妊効果だということがお分かりいただけるでしょうか。飲み忘れさえなければ、避妊手術にも匹敵するほどの確実性です。

しかし、注意が必要なのは、ピルで避妊はできても性感染症の予防はできないということ。避妊はピルで、性病予防はコンドームで、2つの避妊法を掛けあわせることで避妊も性病予防も確実性がかなり高くなります。

低用量ピルは避妊効果だけでなく様々なメリットも

低容量ピル(OC)の使用を続けることによって女性には嬉しい効果があります。

メリット

  • 高い避妊効果
  • 月経の症状が軽くなる
  • 安定した月経周期
  • 月経周期をずらすこともできる
  • 子宮内膜症など婦人科系の病気リスクが減る
  • ストレスやホルモンバランスによる肌荒れ軽減

避妊だけじゃなく、生理の症状を軽減したり美容効果もあるという、これらのメリットを知らなかったという女性はかなり多いのではないでしょうか?

低用量ピルは避妊効果だけでなく様々なメリットも

次にメリットだけでなく低用量ピルにはデメリットとなる部分もあります。

デメリット

  • 毎日かかさず服用しなければいけない
  • 費用が3000円程度かかる
  • 血栓症の可能性がある人は服用できない
  • 薬局では購入できず医師の処方が必要
  • 服用し始めの頃に副作用が出ることがある

中でもに毎日服用を続けなければならないことへの不安を抱えている人が多いです。

しかし、実際に低用量ピルを使用してみた方の多くは、これからもピルの使用を続けていきたいとほとんどの方が答えます。それほどまでに、女性にとって仕方ないと思っていた症状に対して効果・メリットの大きさを実感しているのです。

薬局では購入できませんが、医師の処方以外に個人輸入代行業者による通販を利用することで病院よりも安く入手することも可能です。代表的な低用量ピルとアフターピルを以下に少しご紹介します。当サイトでおすすめしているこの他の低用量ピルとアフターピルは【ピル取り扱い商品一覧】をご覧ください。

ダイアン35

低用量ピル

ダイアン35
  • 女性用の避妊薬
  • ニキビや多毛症の治療にも!
  • 強力な抗男性ホルモンと強力な女性ホルモンを同時に摂取

マドンナ

アフターピル

マドンナ(madonna)
  • 不意に妊娠の可能性ができたときに使う事後避妊薬
  • 避妊に失敗したかも…なんて不安なときに
  • 早ければ早いほど成功確率が上がります

ポスティノール

アフターピル

Postinor(ポスティノール)
  • 性行為後でもできる避妊
  • 24時間以内の服用で90%の避妊成功率
  • 72時間以内の服用で80%の避妊成功率

ピルを飲めば中だししても妊娠しないのか?

ピルを正しく使用してるときの避妊率はほぼ100%というのは上でお伝えした通りですが、これは中出しした時の確率が99.7%ということです。つまり、中出ししても妊娠する可能性は限りなく0に近いです。

ピル服用をやめれば妊娠もできます

ピルを飲むと子供が欲しくなっても妊娠できないと不安に思っている方も多いです。ご安心ください。妊娠したくなったらピルの服用をやめればそれだけで大丈夫です。ピル服用はかなり安全で確実な避妊法なのです。

ピル服用をやめれば妊娠もできます

注意点として、ピルの服用をやめれば妊娠が可能ということは、同時に飲み忘れなどがあると避妊効果が確実ではなくなるということです。習慣がつくまでは飲み忘れのないように、いつも目にするものに記載しておくか、ピルを飲むよう注意を呼びかけてくれるアプリなどもあるのでご利用されることをおすすめします。

■ピル飲み忘れ防止アプリ

避妊するにはいつから服用すればいいのか?

低用量ピルは飲み始めた日から効果が出るわけではありません。ピルに含まれるホルモンが効果を発揮するには少なくとも7日間が必要であるという実験結果が出ています。

ピル服用から1週間ほどで避妊効果が出始め、その後、使用を続けることで避妊効果が持続するという仕組みです。

ピルの注意書きとして基本的に以下の点が外箱などに記載されているはずなので確認しておきましょう。

  • 服用開始日が月経第一日目から遅れた場合、最初の1週間は他の避妊法を併用してください。
  • この薬を初めて服用する場合、または服用を休んだ後再開する場合、第1周期目の最初の1週間は他の避妊法を併用してください。
外箱注意書きより

ピルを飲み始めて1週間程度の期間は、避妊効果はないと考え、別の避妊法で避妊するようしてください。

ざっと避妊のための低用量ピルの飲み方について説明しましたが、さらに詳しい事については【低用量ピルの正しい飲み方~大事な3つのこと~(低用量ピルの正しい飲み方)】にて説明していますので是非ご覧ください。

タイプ別の低用量ピルおすすめ4選

低用量ピルと言っても、用いられている黄体ホルモン剤(卵胞ホルモンは全て「エチニルエストラジオール」という成分です)の成分の違いなどによってさまざまだという事をご存知でしょうか?体質によっても人それぞれ合う合わないがあるのでここでは低用量ピルを選ぶ際の1つの参考としてタイプ別の低用量ピルおすすめ4選を紹介したいと思います。

ニキビにも効果的!初めて使う人におすすめ「マーベロン

マーベロンは1錠中に含まれるホルモン量が21錠全て同じ一相性と呼ばれるタイプのもので、服用の順番を気にする必要がない為飲み忘れが起こった際の対応もしやすくピルを初めて利用する人におすすめの低用量ピルです。

また、マーベロンに用いられている「デソゲストレル」という黄体ホルモン剤は数ある低用量ピルの中でも1番ニキビに効果的で、その効果は実際にニキビ治療として用いられる程です。その為、マーベロンはニキビの悩みを抱えている人にもおすすめの低用量ピルです!

マーベロン
  • 改良を重ねた第3世代の低用量ピル
  • 男性ホルモンの作用が弱いからニキビなどができにくい!
  • ストレスによる生理不順も解消され生理痛も軽くなる!

自然なホルモン分泌に近いホルモン量調節で副作用を軽減「トリキュラー

トリキュラーはマーベロンと共にほとんどのクリニックや婦人科で取り扱われている低用量ピルの1つです。マーベロンとは用いられている黄体ホルモン剤が異なり、「レボノルゲストレル」という黄体ホルモン剤が用いられています。21錠中のホルモン量が3段階に分かれている三相性と呼ばれるタイプの低用量ピルです。

順番通りの服用が必要となる為、飲み忘れが生じた場合の対応は難しいのですが、本来の自然なホルモン分泌に近いホルモン量調節がされている為一相性のものよりも特に飲み始めの副作用が出にくく体にもすぐに馴染みやすいです。

トリキュラー
  • 避妊成功率99.9%
  • 生理が原因のイライラや肌荒れ、頭痛がなくなり、月経痛もほとんど感じない
  • クリニックでも処方される最もポピュラーな低用量ピル

偽薬付きで飲み忘れしにくく扱いやすい「アンナ

アンナは三相性のトリキュラーに含まれているのと同じ黄体ホルモン剤が用いられているのですが、一相性タイプで飲み忘れ防止の偽薬を含む28錠タイプなので飲み忘れが起こりにくい、とても扱いやすい低用量ピルです。

マーベロンが合わず且つ扱いやすい一相性を好む方におすすめです。逆にアンナが合わない方はマーベロンに変更してみると良いでしょう。

AnNa(アンナ)
  • 女性用の避妊薬
  • マイクロギノンと同成分の低用量避妊ピル
  • 偽薬付きの一相性タイプで使いやすい!

どれも合わなかったという人には「ヤスミン

ヤスミンは「ドロスピレノン」という副作用を極力抑えるために開発された黄体ホルモン剤が用いられています。超低用量ピルによく使用されおり、マーベロンやアンナと同じ一相性の低用量ピルです。

ドロスピレノンは天然の黄体ホルモンにとても似ていて利尿作用もあるので、むくみが解消されるといった事もあります。マーベロンやトリキュラー、アンナがどれも合わない人におすすめです。

ヤスミン
  • 最新の第4世代の低用量ピル
  • ニキビ発生の抑制、むくみ、ガスなどの副作用が少ない
  • ホルモンバランスの変化による体重の増加が少ない

低用量ピルはプレ更年期にも効果的!

低用量ピルはプレ更年期の更年期障害における不快症状の緩和や、その後に訪れる本格的な更年期の更年期障害を軽減する事も出来ます。これは更年期が卵巣機能の衰えから起こる事に関係していて、更年期の前触れであるプレ更年期では、生理が乱れる人が多く低用量ピルを服用する事でそうしたプレ更年期の症状を改善する事ができます。

また、更年期は卵巣機能の低下により女性ホルモンのバランスも大きく乱れていきます。女性ホルモンの卵胞ホルモン(エストロゲン)は自律神経と深い関係があり、もう卵巣で卵胞ホルモンを分泌出来なくなってきているのに脳がそれを分泌させようと指令を出します。しかし、脳が指令を出しても卵胞ホルモンが十分に分泌されない事で指令を出している脳の視床下部に混乱が起こり、この視床下部の中にある自律神経にも影響を及ぼすことで様々な更年期障害が起こるのです。

本来何もしないで更年期に入ると、これが急激に起こる為人にもよりますが辛い更年期障害が生じて閉経までこれらに症状とお付き合いする事になるのですが、プレ更年期やプレ更年期前の早い段階から低用量ピルを服用する事で卵胞ホルモンが補充されるため、卵胞ホルモンの分泌減少を緩やかにすることが出来それによってその後の更年期障害も軽減されます。ただし、低用量ピルを利用すれば万人がそうした効果が得られるというものではなく、やはり個人差は出てきます。しかし、何もせずに更年期を迎えるよりは低用量ピルであらかじめ対策していた方が多少なり良いという事は言えますので決して無意味な事はありません。

更年期はいつやって来るか分かりませんが必ずどんな人にも確実にやって来るものです。そして、やってきたら閉経まで共にしなくてはならないものになるので、少しでもその間を快適に過ごせるよう1つの対策として低用量ピルを利用するのも良い事だと思います。特にプレ更年期で症状に自覚がある人には本格的な更年期がもう次期やって来るということが分かるのでこうした対策がオススメです!

関連記事