誰にも言えないデリケートゾーンのかゆみの原因と改善法

デリケートゾーンのかゆみ

女性同士であっても中々相談しずらいデリケートゾーンのかゆみ!女性は1度は経験したことがあると思います。

特に女性は体のつくりの構造などから引き起りやすいのですが、ここでお話しする事を知っておけばかゆみが起こった時に一人で悩まず速やかに対処できると思いますので是非参考にして頂けたらと思います。

デリケートゾーンのかゆみの原因

デリケートゾーンのかゆみにはいくつかの原因があります。その原因によって対策法や治療薬なども異なってくるので、早くかゆみを治すためにもかゆみが起こった際に「その原因が一体何によるものなのか?」ということをすぐに把握し、それに合った改善策をとることがとても重要になります。

では、デリケートゾーンのかゆみの原因にはどのようなものがあるのか?という事についてお話します。まず、デリケートゾーンのかゆみの原因には次のようなものがあります。

  • 「服や下着、ナプキンなどによるムレ」
  • 「おりもの」
  • 「ストレスや加齢などによるホルモンバランスの乱れ」
  • 「常在菌の増殖」
  • 「性感染症」

「服や下着、ナプキンなどによるムレ」

これは男性にも言えることですが、服や下着の素材・摩擦によりムレが生じそれによって炎症を起こしてかぶれ、かゆみが生じることがあります。また、女性の場合は更におりものシートや生理用ナプキンでムレるのでかゆみを引き起こしやすいです。

「おりもの」

おりものは女性の膣内環境を正常に保つため膣内を弱酸性の状態にして雑菌の繁殖を抑えてくれる働きがあります。更に受精を助ける作用もあり、女性の健康状態を図ることの出来る1つのものさしになっています。

この、おりものが何らかの原因により上手く作用できなくなってしまうと雑菌などが繁殖しかゆみを伴います。

「ストレスや加齢などによるホルモンバランスの乱れ」

女性はストレスや加齢、妊娠・出産などによって大きくホルモンバランスが崩れてしまいます。ホルモンバランスが乱れると自律神経が乱れ肌細胞の血行が悪くなって皮膚のかゆみを引き起こすことがあります。

また、ストレスや疲労などで体の免疫力が低下してしまう事で雑菌が繁殖しやすい状態となってしまい膣炎などの炎症からかゆみを起こします。

「常在菌の増殖」

私たちの体には常に体内で共存している常在菌というものがいます。この常在菌は普段は私たちに害を及ぼすことはなく、体を正常に保つために働いてくれているのですが、時として何かの原因でこの常在菌が増殖してしまうと悪影響を及ぼします。

膣内にはカビの1種である「真菌」と呼ばれる常在菌がおり、免疫力の低下や洗浄のし過ぎにより増殖してかゆみを引き起こします。

「性感染症」

デリケートゾーンのかゆみは性感染症の感染による場合もあります。デリケートゾーンのかゆみを引き起こす性感染症には「カンジダ症」「感染性外陰炎」「トリコモナス膣炎」「尖圭コンジローマ」などがあげられます。

ただし、カンジダ症は真菌のうちのカンジダ菌の増殖によるものなので、女性は性交渉以外での発症の場合もあります。

デリケートゾーンのかゆみ予防法

デリケートゾーンのかゆみを生じさせないために最も良いのは何より常にデリケートゾーンを清潔に保つことです。そのためにはおりものシートや生理用ナプキンはこまめに取り換え、更になるべくムレを発生させない様あまり体を締め付けたり摩擦を生じさせるような服や下着の着用は控え通気性の良いものにするといいです。そして、入浴の際には菌のエサとなる汚れをしっかりと落とすようにしましょう。

その際ですが清潔にするためと石鹼で洗い過ぎてしまうと菌の繁殖を抑える常在菌を必要以上に排除してしまい、それによって常在菌が減り過ぎてしまった分を補おうと増殖してしまうためかえってかゆみの原因を作ってしまうので洗い過ぎには気を付けましょう。

今では洗浄力の強すぎないデリケートゾーン専用のソープも売られていますのでそういったものを利用する事で洗い過ぎによるかゆみを防止するのもいいと思います。しかし、普段こういった事に気を付けていてもデリケートゾーンのかゆみが生じてしまう事もあります。次にデリケートゾーンのかゆみが生じた場合の治療法についてお話しします。

デリケートゾーンのかゆみを治すには

デリケートゾーンのかゆみを治す治療薬にはいくつか種類があります。1番良く利用されているものは軟膏で、デリケートゾーンに直接塗って炎症を抑える方法です。ですが市販で売られているものはムレや汗などによる炎症で引き起こされたかゆみには効果的ですが、菌の増殖や性感染症によるかゆみには効果がありません。

そうした原因によるかゆみには内服薬がとても効果的です。また、軟膏よりも効きが早くすぐにかゆみが治まるので内服薬の方がおすすめです。

菌の増殖が原因のデリケートゾーンのかゆみを治す内服薬には次のようなものがあります。

【フォーカン50㎎】

フォーカン50mg
  • 真菌による女性器の炎症(カンジダなど)に
  • 軟膏よりも治りが早い内服薬!
  • 女性器に潤いももたらします

28錠

3,200円

ショップへ

【フォーカン150㎎】

フォーカン150mg
  • デリケートゾーンのかゆみ治療薬
  • 全身のカビによる感染症を改善
  • 媚薬効果もあり【女性用バイアグラ】とも言われています

30錠

4,900円

ショップへ

【フォーカン200㎎】

フォーカン200mg
  • カンジダ(真菌)症の治療薬
  • ダイフルカンのジェネリック
  • 女性の感度アップ効果も!

28錠

5,900円

ショップへ

【ゾコン150㎎】

ゾコン
  • 真菌による炎症に
  • 短期で完治
  • 愛液不足の解消

28錠

3,200円

ショップへ

治療薬はどこで購入できる?

デリケートゾーンのかゆみを治す治療薬は先ほどお話しした菌の増殖や性感染症が原因でない場合であればドラッグストアなどで軟膏が市販されています。しかし、菌の増殖や性感染症が原因の場合には病院での処方でしか治療薬を購入できません。

ですが、現在では個人輸入の利用で病院の診察や処方がなくてもインターネットで簡単に海外から購入が可能になりました。また、個人輸入で購入する方が病院で処方してもらうよりも安く購入できまとめ買いも可能で、更に病院へ行く手間もなく自宅に届くので大変便利です。個人輸入と聞くと不安に思う方もいると思いますが、しっかりとした業者を利用すれば荷物の状況確認や税関で止められてしまった際の補償などもありますし、電話でもしっかりと対応してくれますので問題も心配もありません。

当サイトでご紹介している個人輸入の販売サイトは信頼できるきちんとしたところですので、利用される際はその点ご安心ください。