月経困難症と低用量ピル

生理痛

月経困難症とはどんな病気なの?

「月経困難症」という病気をご存知でしょうか?

簡単に言うと生理の時に起こる「生理痛」の事なのですが、生理痛といっても人によって症状や程度は実に様々です。酷い人では、日常生活に支障をきたし、寝込んでしまうという人もいます。このように、日常生活に影響が出てしまう程酷い症状を「月経困難症」といいます。

主な症状には「下腹部痛」・「腰痛」・「頭痛」・「発熱」・「嘔吐」・「吐き気」・「貧血」・「倦怠感」などで、特に激しい下腹部痛を訴える人が多いです。

月経困難症は、原因によって「機能性月経困難症(原発性月経困難症)」と「器質性月経困難症(続発性月経困難症)」の2種類に分類されます。

機能性月経困難症は月経困難症の多くを占め、病気などの身体的な原因がないのにこうした症状が現れる場合を機能性月経困難症としています。原因は、痛みの素となるホルモンに似た働きをし、生理時に子宮内膜で作らる「プロスタグランジン」という物質が何らかの原因によって通常よりも多く作られてしまう事が原因であるといわれています。

一方、器質性月経困難症は月経困難症の中では少数で、この場合は直接月経困難症を引き起こす原因となる様な「子宮筋腫」・「子宮内膜症」・「子宮腺筋症」といった子宮の病気が原因である場合を指します。

月経困難症の検査と治療法について

月経困難症の検査方法

月経困難症の検査方法は、まず「問診」により現在の状態や過去に病気をしたことがあるのか?初潮年齢、出産経験の有無、月経周期と状態、自覚症状、性体験、、服用中の薬などが問われます。きちんと診断するためになるべく詳しく答えましょう。

次に「尿検査」「血液検査」によりホルモン状態や排卵の有無、子宮や卵巣に腫瘍がないか、貧血の有無を調べます。

そして、医師が直接膣内や子宮口の状態を診て簡単な触診をする「内診」があります。特に若くて産婦人科等の受診が初めての場合にはとても抵抗があると思いますが、その場合はあらかじめ女医のいる病院を調べ、受付の際にその旨を伝え診察を担当してもらうと良いでしょう。

その後超音波を使った「エコー検査」によって子宮や卵巣の状態を調べます。この際、子宮の病気が原因となる器質性の月経困難症が疑われる場合には、「MRI」や「CT検査」にてそうした病気がないかどうかを検査します。

月経困難症の治療法

治療法は、機能性月経困難症と器質性月経困難症で異なります。

機能性月経困難症の治療法

機能性月経困難症の場合には、対処療法として「痛み止め」や「漢方薬」が用いられます。また、一般的に痛みの原因となる「プロスタグランジン」が多く作られる事を防ぐ薬も使われます。この痛みの元になる成分は、生理が始まる前から少しずつ出始めるため、生理が始まると予想される1~2日前から服用し始めると効果があるといわれています。

また、痛み止めなどで改善されないような症状がかなり重い場合には、ホルモン剤による内分泌療法が行われます。主に「低用量ピル」が使われる場合が多いですが、ピルは服用できない人もいるため高血圧やたばこを吸う人は必ず医師に申告して下さい。

低用量ピルによる治療効果

低用量ピルは避妊薬として広く使われていますが、排卵を止めて生理痛を軽減し経血の量も減るため、月経困難症の治療薬としても大変有効な薬です。低用量ピルには痛みの素となる物質の量そのものを減らす作用があり、さらに痛みの素をつくる子宮内膜を薄く保つ作用もあるため、痛みを持続的に抑えられます。

器質性月経困難症の治療法

器質性月経困難症の場合には、子宮に病気があることが原因になるため、その原因となっている病気の治療を行います。この病気が改善されることで月経困難症の症状も良くなります。ただし、病気の程度によっては「子宮全摘出」が必要となる場合もあります。

更に「生活習慣」の改善によっても症状が軽くなる場合があります。

月経困難症は女性ホルモンのバランスの乱れからも起こります。不規則な生活や睡眠不足などにより女性ホルモンのバランスが乱れると、症状を悪化させてしまいますので、食生活や十分な睡眠など規則正しい生活習慣を送るようにしましょう。

生理痛は我慢せずに酷い場合早めに病院を受診しましょう。

月経困難症は若い女性に多く見られる病気です。それ程症状が重くなく、痛み止めなどで済む場合は良いですがそうでない場合には何か子宮の病気が潜んでいる可能性が高いです。

それらの病気が悪化してしまうと最悪子宮を全摘出しなければならない、また全摘出しないにしてもその後妊娠出産が困難になってしまうといった事もありますから、勝手な自己診断で我慢せずに1度産婦人科等を受診してください。

関連記事