子宮内膜症という病気とピル

子宮内膜症

不妊の原因にもなる「子宮内膜症」

子宮内膜症は、現在20代~40代の女性に急増している「不妊」の原因にもなるといわれる女性特有の病気で、本来子宮の中にしかないはずの子宮内膜の組織が、卵巣や卵管など子宮以外の場所にできてしまう病気です。

子宮内膜の組織は、子宮以外の場所であっても月経期になると剥離し出血します。しかし、血液や内膜を体外に出すことができず体内に溜まってしまうため、他の臓器との癒着が起こり、炎症や痛みなど様々な症状を引き起こします。

この病気は特に卵巣機能が活発な20代後半から40代前半の時期に発生しやすく、閉経期を迎えると発生は減少します。また、妊娠したことのない女性に多いともいわれおり、さらに月経周期が短く、月経の期間が長い人の方がなりやすいともいわれています。

子宮内膜症の原因と主な症状

「子宮内膜症の原因」

子宮内膜症のハッキリとした原因というのは実はまだ見つかっていません。しかし、女性ホルモンの1種である「エストロゲン(卵胞ホルモン)」が深く関係していると考えられています。

そのため、生理の回数や妊娠との関係があるといわれており、近年では、初経年齢が早く閉経の時期が遅くなり、昔と比べエストロゲン(卵胞ホルモン)が分泌される期間が長くなっていることや、働く女性が増え、妊娠・出産などライフスタイルが変化していることにより、子宮内膜症が増加しているといわれています。

「子宮内膜症の主な症状」

子宮内膜症の基本的な症状は「お腹の痛み」です。

中には全く何の症状も現れず、子宮内膜症であることに気が付かないという人もいます。人により内膜症の場所・大きさ・癒着の程度が違う為症状も様々ですが、1番多いのは「激しい生理痛」です。この生理痛が生理の度、段々と酷くなり、日常生活が困難になる人も多いです。

その他の症状には「性交痛」「腰痛」「過多月経」「不正出血」「排便痛」「排尿痛」などがあり、こうした事から病院を訪ね検査した結果「子宮内膜症」だったという事も結構よくある話なのです。

子宮内膜症の状態は4期に分けられる

子宮内膜症は時間の経過と共にどんどん進行していき、その進行状況により1~4期に分けられています

第1期
第1期は、子宮内膜症の組織が卵巣や腹膜などの子宮以外の部位に点々と散らばり、成長を始めた段階をいいます。この時期は、まだ自覚症状はほとんどなく、別の手術や検査で偶然発見されるケースがほとんどです。
月経期になり剥がれた組織や血液がその部分にたまり、小さい血の固まり(血腫)を作ります。これは、青黒く見える事から「ブルーベリースポット」とも呼ばれています。
第2期
第2期は、子宮内膜症組織が増殖と剥離を繰り返し、点状だった病巣が大きく広がっていっている段階をいいます。この頃になると、生理の出血量が増えたり、生理痛が強くなってきます。この段階で子宮内膜症であることが分かり、治療を受けることが1番理想的であるといわれています。
第3期
第3期になると、大きく広がった子宮内膜症の組織が固まり、周囲の卵巣や卵管・腹膜・靱帯などとくっ付いて癒着するようになります。この頃になると、性交痛も現れ、生理痛が寝込む程ひどい状態になる人もいます。
卵巣の中で子宮内膜症が増殖した場合、卵巣の内部がチョコレートの様な血液でいっぱいになります。これを「チョコレートのう腫」といいます。稀にチョコレートのう腫が破れて中身がおなかの中に漏れてくることがあり、こうなると耐えがたい痛みが起こり緊急手術が必要になることもあります。
第4期
第4期ともなると、癒着がさらに進み、卵管や卵巣・子宮だけではなく、膀胱や直腸・小腸など骨盤の中にある臓器全体に広がっていきます。骨盤内外を問わず、肺などに発生することもあります。
一つ一つの臓器を見分けることが難しいほど癒着がひどいこともあり、骨盤の中にある臓器がひと塊になって冷凍されたようにガチガチになるという事から「凍結骨盤」と呼ばれることもあります。こうなると、生理の時以外でも腰痛や下腹部の痛みがひどくなり、日常の生活もままならない様な支障をきたすようになります。

子宮内膜症の検査と治療法

「子宮内膜症の検査」

子宮内膜症の検査は、基本的に「内診」「血液検査」「超音波検査」「CT(コンピューター断層撮影)」「MRI(磁気共鳴画像診断装置)」などの方法で行われます。

病巣の位置や進行の程度などをはっきり確かめるため、場合によっては「腹腔鏡検査」が行われることもあります。これは、腹部に小さな切れ込みを入れ、そこから細い管を入れて内部の病巣を肉眼で観察する方法です。

また、内診ではどの様な症状があるのか?といった「問診」と、医師が直接腟から指を入れ、子宮や骨盤内の臓器の状態などをみる「触診」があります。触診に関しては少し抵抗があるかもしれませんが、これも状態をきちんと診断し適した治療をする上でとても重要なものになりますので、そういった人は女医さんのいる病院やクリニックを受診すると良いでしょう。

「子宮内膜症の治療法」

子宮内膜症の治療法にはいくつか方法があり、大きく「ホルモン療法」と「手術」に分けられます。

ホルモン療法は、子宮内膜症に関係している女性ホルモンの1種であるエストロゲン(卵胞ホルモン)の働きを抑える方法で、「偽妊娠療法」「偽閉経療法」という方法があり、体にメスを入れることなく薬で治療できますが、更年期障害と似た症状をはじめとする副作用の心配もあります。治療を止めれば遠からず再発することになりますし、ホルモン療法では排卵が抑えられるため、妊娠を希望する場合は治療を中断しなければなりません。

また、手術においては、「腹腔鏡手術」と「開腹手術」があります。メスを入れる事で身体への負担が大きく、子宮や卵巣を残せば再発の可能性はあります。

それぞれ順にどの様なものなのか説明していきましょう。

「偽妊娠療法」
偽妊娠療法は、エストロゲンの他に同じく女性ホルモンの1つであるプロゲステロン(黄体ホルモン)を投与して、妊娠中と同じような状態にする方法で、これによりエストロゲンの分泌を抑え、生理を止める治療法です。偽閉経療法に比べ、治療によるカラダの不調が少なく長期間に渡って服用することが可能ですが、治療効果が薄いため、長期間の治療が必要です。この治療法では、中用量ピルや低用量ピルも使われ、子宮内膜症治療に主に良く用いられているピルは「トリキュラー」「マーベロン」です。
「偽閉経療法」
エストロゲンの分泌は、脳で分泌される卵胞刺激ホルモンによってコントロールされています。偽閉経療法では、注射や点鼻薬等で卵胞刺激ホルモンの分泌を抑え、エストロゲンが出ないようにし、閉経と同じ状態にします。子宮内膜症の症状は軽くなりますが、閉経状態となる為更年期障害と似た症状が出ます。人によって様々なので必ず出るとはいえませんが、その様な何らかの症状が出る人の方が多いです。そのため、通常は4~6カ月程で治療を中止します。
「腹腔鏡手術」
腹腔鏡手術は、先ほど検査方法でも少し触れましたが、腹部に2~3カ所小さな切れ目を入れ、そこから「腹腔鏡」という長い管を通して病巣部の処置をします。主に子宮内膜症の状態が開腹する程ではないと判断された場合や、将来妊娠を希望する場合、不妊治療を目的とする場合に多く用いられます。また、この腹腔鏡手術は、患者への負担が少なく、回復も早い事から様々な病気の治療に用いられています。初期のブルーベリースポットであれば、レーザーや電気メスで焼いたり、癒着した臓器をはがし、卵巣のチョコレートのう腫であれば、卵巣を残してのう腫だけを摘出することも可能です。
「開腹手術」
開腹手術は、腹部を大きく開腹して、腹腔鏡を用いた手術と同じ処置をします。また、詰まった卵管を治す卵管形成術なども行われます。主に病巣が大きく、子宮・卵巣・卵管すべてを摘出する必要がある場合に用いられます。

子宮内膜症と不妊症

現在、不妊症で悩んでいる女性のうち、2~4割ほどが子宮内膜症だといわれています。また、原因不明の不妊症のうち、半分は子宮内膜症によるものとさえいわれていて、不妊症の診察に行って子宮内膜症が発見されることも多いのです。

子宮内膜症により、卵子の質が低下すること、卵管が通れなくなることが原因と考えられていますが、必ずしも子宮内膜症=不妊症というわけではありません。しかし、妊娠しづらくなる要因のひとつであることは間違いありません。また、原因となる子宮内膜症を治療すれば、かなりの人が妊娠できると言われています。早い時期に治療した方が妊娠も容易です!カラダの症状に思い当たる節があればすぐに、そうでなかったとしても将来子供をもうける予定があるのであれば、1度産婦人科の受診をお勧めします。

関連記事