安心して始められる初めてのピルガイド

低用量ピル

最近ではピルを利用する女性が増え、女性の「ピル」に対する意識も高まっている傾向にあります。

特に若い女性でピルの利用を検討している人が多く、現代では若年層の望まぬ妊娠による中絶や近年増えた若年での婦人病の増加により、一昔前より「避妊」や「自身の身体」への関心が高まっている様に感じます。

しかし、まだまだ「ピル」に対する誤解や不安を持っている女性が多い事もあり、「ピルの利用を始めたいけど心配で中々始められない」といった人も大勢います。そこで、これから初めてピルを利用するという女性などが安心して始められるように、ピルの飲み始め方や効果、副作用などについてわかりやすく、詳しくお話ししたいと思います。

最も多いピルに対する不安や疑問

ピルの利用を検討している人で最も多い不安や疑問は、

  • 「副作用が心配」
  • 「効果はいつから?」
  • 「いつから始めればいいの?」
  • 「本当に妊娠しない?」

といったものです。

初めてピルを使う際はいろいろと疑問や不安も多いと思います。しかし、きちんとピルに関して知識があればそれほど不安などなく安心して利用できると思います。少なからず、それ程知識無く始めるのと、きちんと知った上で始めるのでは気持ちに大きな違いがある事は確かでしょう。まずはきちんとピルの事を知ってから利用を開始してもらいたいと思います。

ピルの効果と副作用

ピルの副作用

あなたはピルの効果と副作用に関してどういった認識をお持ちですか?昔ほどではありませんが、ピルに対する誤解はまだまだ多くあります。その代表的なものとして「ピルを飲むと太る」「ガンになる」「ニキビが増える」といったものがありますが、これらは全て間違った認識です!

まずは、こちらの副作用について1つずつ正しくご説明したいと思います。

「ピルを飲むと太る」
低用量ピルが直接的に太るような作用を与えることはありません。
しかし一概にそうともいえず、低用量ピルを服用した事で起こるホルモンバランスの変化によって、身体が妊娠した時と同じ状態になった事で身体は赤ちゃんの為に栄養や水分を蓄えようして食欲を刺激する為、その食欲のままに食べてしまう事によって結果太ってしまうという事があります。
「ガンになる」
最近の研究では、低用量ピルの使用によって乳がんリスクが増加する可能性は低いことが分かっています。ただし、すでに「乳がん」にかかっている人、または過去にかかったことがある人がピルを長期間飲むと、乳がんの悪化を促進する可能性はあります。
また、「子宮頸がん」はセックスが原因で感染するヒトパピローマウイルス(HPV)の一部が子宮頸部に持続感染することが発がんの主な原因とされていて、セックスを始めた女性には皆リスクを持っています。ですが、低用量ピルを5年間にわたって内服するとそのリスクがわずかに増加し、10年間内服すると子宮頸がんのリスクは2倍になるといわれています。
その一方で「卵巣ガン」「子宮体ガン」「大腸がん」に関してはピルによってリスクが下がるといわれています。これはピルを利用している間、卵巣機能がお休みしている状態となり、子宮内膜が薄くなるなる事でそれらのガンの原因が軽減される為、その様な効果が起こるのですが、「大腸がん」に関してはがんの発生率が低くなるという報告があるもののはっきりした理由までは、まだ分かっていません。
「ニキビが増える」
これに関しては全く逆で、ピルによってホルモンバランスが整った事によってニキビなどの肌トラブルが軽減されます。

その他ピルの主な副作用として「吐き気」「頭痛」「倦怠感」「むくみ」などがあります。ですが、ピルによる命にかかわるような(心筋梗塞など)副作用は、10万人に1人以下と言われています。

最近の低用量ピルは昔のピルと違い、ほとんど副作用が出ない人が多いです。ピルを飲んだことがない人でも、心配するほどツライ症状が出る人は少ないといえます。

しかし、初めてピルを利用した際には身体が急に入って来た「ホルモン」にビックリし、軽い吐き気や頭痛などの症状が起こる事が多く、大体の人がこれらを感じています。とはいえ、それも身体が慣れてくればなくなっていきますので心配はいりません。副作用に関しては、人それぞれの体質などによって出方や程度が異なります。中には全く何も感じないといった人もいます。

ピルの副作用については是非気になるけど怖いと感じるあなたへ!アフターピルの副作用を徹底解説もご参照下さい。

ピルの効果

ピル=「避妊薬」というイメージは今でも強いのではないでしょうか?確かにピルは避妊薬ではありますが、「避妊」以外にも女性にとって嬉しい効果が沢山あります。

先ほど少しお伝えしましたが、一部のガンのリスクを減らす効果やニキビなどの肌トラブルの改善と美肌効果があります。そしてホルモンバランスが整う事で「生理不順」や「月経前症候群(生理痛)」が改善、緩和され体毛も薄くなります。

生理を自らコントロール出来る為、旅行などのどうしても「生理」を避けたい時などもピルによって計画的にずらす事も出来ます。また、避妊効果に関しては「飲み忘れ」等なく、きちんと正しく服用していればその避妊効果は99.9%ともいわれています。

ピルの効果については是非【肌荒れ・イライラ解消】避妊効果99%だけじゃない!女性に嬉しいピルのメリットもご参照下さい。

初めてピルを利用する際の飲み方

ピルの飲み方には2通りあり、生理が開始して最初の日曜日から始める「サンデースタート」と生理開始時から飲み始める「Day1スタート」という方法があります。どちらの方法も開始した日から21日間毎日1日1錠出来る限り同じ時間に服用します。

「サンデースタート」は生理が日曜日と重なりませんので週末の計画などが立てやすいといったメリットがありますが、飲み始めの1週間は避妊効果がありませんので、その間コンドームなど別の避妊方法をする必要があります。

一方、「Day1スタート」はピルの基本的な飲み方で、飲み忘れのリスクが少なく分かりやすい為初めてピルを利用する人や高い避妊効果を求める人におすすめの飲み方です。ピルを初めて利用した際は服用開始から8日目以降で避妊効果が現れ、翌月以降もそのまま服用を継続すれば常に避妊効果を得られるようになります。

ピルを始めて利用する際は特に「飲み忘れ」という事が起こりやすいです。そうした場合の対応法やピルの正しい飲み方については低用量ピルの正しい飲み方~大事な3つのこと~でもご紹介していますので是非参考にしてみて下さい。

自分に合ったピルを選びましょう

同じ低用量ピルでもピルにはいくつか種類があり、含まれるホルモン量やその種類によって分けられています。

それによって多少飲み方なども異なるため、最初に服用したものが合わなくても違うタイプのものを試し自分に合ったものを見つける事をお勧めします。

ピルの種類や良く使われている代表的なピルについて詳しくまとめた記事「ピルの種類とそれぞれの特徴」を是非合わせてご覧ください。

なんでも初めての事は不安に思うと思います。ピルを始めるのに際し少しでも参考になったらいいなと思います。

関連記事