デリケートゾーンがかゆいのは病気!?

デリケートゾーンがかゆい

女性なら1度は経験のあるデリケートゾーンのかゆみ

女性であれば1度は「デリケートゾーンがかゆい!」という経験があると思います。デリケートゾーンの話題は女性同士でもなかなか相談できなかったりするので一人で悩みがちで、女性はもともとデリケートゾーンに問題を抱えることも多いのでついつい「しばらくしたら良くなるだろう」なんて思ってしまいがちだったりもします。

しかし、このデリケートゾーンがかゆいというのが病気のサインであったりすることもあるので注意が必要です!事によってはその後不妊の原因となってしまったり耐えがたい苦痛を味わうことになってしまうという事にもなりかねません。女性のデリケートゾーンのかゆみには一体どのような原因や病気が潜んでいるのか?という事についてお話します。

かゆい原因はさまざま

女性は特にデリケートゾーンがかゆくなりやすく、その原因は1つではなくいくつかあります。では、その原因には一体どのようなものがあるのか?以下にまとめてみました!

  • 下着や衣服の締め付けやナプキンによる蒸れ
  • 生理やおりものによるかぶれ
  • 肌体質によるもの(敏感肌・アレルギー体質)
  • 感染症によるもの

デリケートゾーンのかゆみには特に心配のいらないものと早急に治療が必要なものがあります。それらを踏まえ、それぞれの原因について順にお話していきたいと思います。

「下着や衣服の締め付けやナプキンによる蒸れ」

これは読んで字のごとく下着や衣服の締め付けやナプキンによってデリケートゾーンが蒸れることでかゆみが生じてしまうという事です。男性のデリケートゾーンのかゆみの原因の多くはこの下着や衣服の締め付けによるものですが、女性はそれに加え毎月やってくる生理時にナプキンを使うためデリケートゾーンに蒸れが生じやすいです。

蒸れによるかゆみはなるべく通気性の良い下着を選んだり締め付けのキツイ衣服を避けたりすることで解消することができます。また、生理時にはナプキンが汚れていなくてもこまめに取り換えることで蒸れを防止することが出来ます。蒸れが原因のかゆみ自体は特に心配のいるものではありませんが、蒸れによって雑菌が繁殖し感染症などを引き起こす要因になりますのでなるべく蒸れないようにする工夫は必要です。

「生理やおりものによるかぶれ」

生理の経血やおりものには常在菌や雑菌がおり、繁殖しやすくナプキンやおりものシートによる蒸れによってそれらが増殖しやすいです。また、生理中は特に肌が敏感になる為かゆみを感じやすいです。

生理やおりものによるかぶれも深刻なものではありませんが、先ほど同様に感染症などを引き起こす要因になりますのでナプキンやおりものシートをこまめに取り換え入浴の際に石鹸できれいに洗い常に清潔を保つように心がけるようにしましょう。

「肌体質によるもの(敏感肌・アレルギー体質)」

もともと敏感肌やアトピーなどのアレルギー疾患を持っているとかゆみを感じやすいです。ボディーソープを低刺激のものにし保湿をしっかりするようにすることでかゆみを引き起こしにくく出来ます。こちらも特に心配のいるかゆみではなく、雑菌の繁殖などによる感染症の心配もありません。

「感染症によるもの」

かゆみの原因が感染症によるものの場合は速やかな対応が必要となり、悪化してしまうと他の弊害を招く恐れもあります。

先ほども少しお話ししましたが、デリケートゾーンには常在菌もおり雑菌が繁殖しやすい部分なため蒸れなどを放置し雑菌などが繁殖・増殖してしまう事で外陰炎などの皮膚炎を引き起こします。また、真菌という常在菌が増殖することでカンジダ症にもなり、カンジダ症はストレスなどによる女性ホルモンの乱れや免疫力の低下、抗生物質や洗いすぎによっても引き起こされる感染症です。

そして、感染症は性行為によって人から感染する性感染症の場合もあります。

性感染症の可能性も!

性感染症の中には症状としてデリケートゾーンにかゆみが伴うものもあります。かゆみだけでは原因が性感染症であると判断することが難しいですが、性感染症の場合、他にもおりものの変化などの別の症状も現れるのでその点もチェックして判断するといいでしょう。

では、デリケートゾーンにかゆみが伴う性感染症にはどのようなものがあり、かゆみの他にどのような症状があるのか?というとまず疑われる性感染症は以下の通りです。

  • カンジダ
  • 林病
  • トリコモナス
  • 尖圭コンジローム
  • 毛じらみ症
  • 性器ヘルペス

次にそれぞれのかゆみ以外の症状についてお話します。

「カンジダ」

カンジダは先にもお話ししましたが、これは性行為によって人から感染することもあります。症状としてはデリケートゾーンの激しいかゆみの他におりものの変化があり、カッテージチーズやおからのような白くポロポロとしたおりものとおりものの臭いが強くなります。

「林病」

淋病はかゆみの他におりものの量が多くなり臭いも強くなります。また、オーラルセックスによって喉にも同時に感染しているという事も多く、喉に風邪の時のような痛みや腫れが伴うこともありますが、淋菌に関しては自己判断が難しく気が付かずに放置されてしまいがちです。

「トリコモナス」

トリコモナスはかゆみから徐々に痛みへと変化していき、強い膿の悪臭と泡状の黄白色や緑がかったおりものが出ます。

「尖圭コンジローム」

尖圭コンジロームはおりものの変化はありませんが、デリケートゾーンのむずがゆさと鶏のとさかやカリフラワーのようなデキモノができます。

「毛じらみ症」

毛じらみ症はカンジダ同様、激しいかゆみが伴いアンダーヘアに毛じらみの成虫や卵が付着しています。

「性器ヘルペス」

口にできるヘルペスと同様にニキビのようなものができ、その部分にかゆみが生じてその後痛みへと変わっていきます。

デリケートゾーンがかゆい時の対策法

蒸れやかぶれが原因であれば下着や衣服でなるべく蒸れを起こさないように気を付け、入浴の際に汗や汚れをきれいに落として清潔にし、かゆい部分に市販のデリケートゾーン専用の軟膏を塗れば良くなります。しかし、感染症の疑いがある場合には性行為やバスタオルの共有を避け、婦人科等を受診し正しい治療を受けましょう。

放置せず早めの処置が大切です

蒸れやかぶれによるかゆみであっても「そのうちすぐ治るだろう」と放って置かずに早めに何かしらの対策を行い改善するようにしましょう。デリケートゾーンがかゆいというのは特に不快です。ひどくなる前に対応した方が治りも早いですし、かゆい原因が感染症の場合2次感染や不妊などを招く恐れもありますので、まずはかゆいと感じた時に何が原因でかゆいのか?おりものの変化やその他に何か違和感を感じることはないか?などを検討し必要であればすぐに婦人科等を受診するようにしましょう。