月経異常や不妊症に用いられる「カウフマン治療」とは

カウフマン治療

カウフマン治療とは

カウフマン療法とは、元々生理不順の治療法のひとつで、女性ホルモンである黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)2つのホルモンバランスが崩れてしまった事による生理周期の乱れやの生理が来なくなってしまう無月経症、1ヶ月に何度も生理が来てしまうといった症状をホルモン剤を用いて人工的に整える治療法です。現在では、卵巣機能自体が低下している無月経等の不妊要因を抱えている場合の不妊治療として紹介されることも多いのですが、将来子供を望む生理不順の独身女性にも適用されています。

カウフマン治療とホルモン補充療法は違う

カウフマン治療に非常によく似た治療法にホルモン補充療法というものがあります。ホルモン剤によって治療するという点は同じですがカウフマン治療とは使用するホルモン剤や目的、効果などが異なります。では、具体的にどう違うのか「カウフマン治療」と「ホルモン補充療法」それぞれ具体的にどういうものなのかをご説明します。

「カウフマン治療」

カウフマン治療は、自然なホルモン分泌と一体化させながらホルモンを補充し、卵巣の働きを休ませて卵巣機能の回復を行います。この治療方法は卵巣機能を改善させる事によって排卵しやすい状態にしていくのが特徴で、この治療自体には排卵しやすい状態を作ることは出来ますが、排卵を促す働きはないため治療を行っても排卵が起こらない場合もあります。したがって、不妊治療の際にはカウフマン治療と共にクロミフェンなどの排卵誘発剤やゴナドトロピン療法と呼ばれる女性の尿や人絨毛から抽出した性腺刺激ホルモンを使った治療法と合わせて行われる事が多いです。

カウフマン治療に用いられるホルモン剤は「プレマリン」などのエストロゲン製剤と「ヒスロン」や「デュファストン」などのプロゲステロン製剤です。

「ホルモン補充療法」

ホルモン補充療法は、加齢などにより卵胞ホルモン(エストロゲン)が減少する事によって現れる更年期障害の症状を卵胞ホルモン(エストロゲン)のみ補い軽減させます。黄体ホルモン(プロゲステロン)と併せて行われる場合もありますが、カウフマン治療よりホルモン補充量は少なく主に閉経前や閉経直後、閉経から長期間経過し出血の再開を望まない女性に適用されています。

ホルモン補充療法に用いられるホルモン剤は、低用量ピルの「マーベロン」や中用量ピルの「プラノバール」、「プロベラ」や「ミレーナ」といったプロゲステロン製剤です。

カウフマン治療の方法

カウフマン療法では、不足したホルモンを本来の正常なホルモン分泌リズムになるよう補っていきます。ホルモンの補充の仕方には「内服により補う」方法と「注射によって補う」方法、そしてパッチによって「貼付して補う」方法の3つがあります。内服による治療が一般的ですが、患者の状態に合わせてより効果が強くて投与回数が少なくてすむ注射による治療法や、体への負担が少なくて済むパッチによる貼付による治療法が選択されます。

「内服によって補う方法」

内服によって治療する場合は、月経3日目頃からプレマリンといったエストロゲン製剤を飲み始めエストロゲンを補充し、高温期に入る月経から15日目頃にヒスロンやデュファストンといったプロゲステロン製剤でプロゲステロンを補充します。およそ1ヶ月かけてホルモンを補充し、正常な生理周期をつくっていきます。

「注射によって補う方法」

注射によって治療する場合は1週間に一度病院を受診し、1週目と2週目はエストロゲン製剤の注射を受け、3週目にエストロゲンとプロゲステロンの混合製剤を注射します。

「貼付して補う方法」

皮膚からホルモンを吸収するホルモンパッチを貼付して治療する場合は、注射と同じく1週目と2週目はエストロゲン製剤パッチを2日で1枚貼付け2日経ったら新しいシートと交換します。3週目はエストロゲンとプロゲステロンの混合製剤パッチを3日で1枚貼付け3日経ったら新しいシートと交換します。

カウフマン治療による効果

無排卵の患者は、起こらない排卵を起こそうと脳が過剰に刺激ホルモンで卵巣に負担を掛けている場合が多く、カウフマン治療により一旦卵巣を休養させることで卵巣機能の回復が期待されます。カウフマン治療を数ヶ月繰り返した後にホルモン補充を中止すると、「リバウンド効果」と呼ばれるものによって体内のホルモン分泌が促され排卵が復活する可能性があります。

医師の指示に従い2、3ヶ月〜半年ほど行うことで体が正常な生理周期を覚え、その後は薬を服用しなくても正常に排卵し、生理周期が安定することもあります。

カウフマン治療の副作用

カウフマン治療ではひどい副作用が現れることは少ないと言われていますが、主に起こる副作用で報告されているものは以下の通りです。

  • 吐き気や嘔吐
  • 頭痛
  • 胸の張りや痛み
  • 下痢
  • 発疹

副作用は必ず現れるという訳ではなく人により個人差がありますので、何も感じない方や症状の軽い方思い方様々です。また、極めて稀な副作用として血栓症がありますが、滅多に現れる人はいないのでそこまで心配する必要はありません。しかし、治療中に体のどこかに痛みや痺れを感じたり、手足がしびれる場合は血栓症の疑いがあるのですぐに医師の診察を受けましょう。

気になる方は是非医師に相談してみましょう

生理が無い、生理不順が気になる、自然妊娠を目指したい、なかなか妊娠できなくて悩んでいるといった方にはカウフマン治療はとても効果的な治療法です。また、カウフマン治療以外でご自分に合った治療法が見つかる可能性もありますので、ぜひ産婦人科等で医師にご相談してみて下さい。

関連記事