更年期障害と女性ホルモン

更年期不快症状

更年期・更年期障害とは?

「更年期」とは、閉経をはさんだ前後5年、およそ10年間のことをといい、その年代に女性の体にあらわれる不快症状を「更年期障害」といいます。初潮年齢が人によって異なるように、閉経年齢もそれぞれ個人差があり、閉経年齢に関して日本人女性の平均閉経年齢は50歳前後とされています。これにより、一般的には45歳~55歳の間が「更年期期間」と言われています。

更年期に起こる色々な不快症状は、女性ホルモンの1つである「卵胞ホルモン」と密接に関係しています。卵胞ホルモンは8歳~9歳の頃から卵巣から分泌されはじめ、分泌量は成長と共にそこからどんどん増えていき、30代半ばでピークを迎えます。その後、卵巣機能が徐々に低下して卵胞自体も衰えていき、卵胞ホルモンの量も徐々に減って40代半ばから更に急激に減少します。この突然のホルモン分泌の変化により体に引き起こされる様々な不快症状が「更年期障害」と呼ばれるものです。

更年期は誰にでも確実に訪れるものです。しかし、更年期に更年期障害を感じるか?また、その程度には個人差があり、体の不調を感じず更年期に気が付かない人もいれば、日常生活に支障が出るほど重い症状に悩み苦しむという人もいます。また、どんな症状を感じるか?その症状の数や種類なども人により異なり、同じ症状でも日によって症状の現れ方や辛さの加減が違うといった事もあるようです。

更年期障害と言われる主な不快症状には以下のようなものが挙げられます。

  • だるい
  • 疲れやすい
  • のぼせ
  • ほてり
  • 多汗
  • 手足の冷え
  • 腰痛
  • 肩こり
  • 頭痛
  • めまい
  • 立ちくらみ
  • 耳鳴り
  • 動悸
  • 手足のしびれ
  • 関節の痛み
  • からだのかゆみ
  • 肌や目や口の乾燥
  • イライラ
  • 不安感
  • 不眠
  • 尿トラブル

更年期障害における女性ホルモン剤の効果

先にもお伝えしましたが、更年期障害のさまざまな症状は、主に女性ホルモンの1つである卵胞ホルモンの急激な減少から起こります。そのため、卵胞ホルモンを補充することにより急激な減少を抑え、足りなくなった分を補うことで、更年期障害の不快症状が緩和できるのです。特に効き目を実感できるのが、「のぼせ・ほてり」や「自律神経失調症」だといわれています。ホルモン剤には、「飲み薬」、「貼り薬」、「塗り薬」があり、自分に適したものを選ぶことができます。その他にも、更年期障害緩和に効果のあるものとして「低用量ピル」や「漢方」等もあります。

低用量ピル・漢方と更年期障害

低用量ピルは、女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンを合成したものです。主に避妊や子宮内膜症の治療に用いられていますが、更年期障害の治療にも使用されます。漢方は複数の生薬を含むため、1剤で幅広い対応が可能なのが特徴です。心身のバランスを整え、穏やかに効いていくという事で強い支持を集めています。

更年期障害に用いられる主な漢方

更年期症状に使われる主な漢方薬には以下のようなものがあります。

  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
  • 加味逍遥散(かみしょうようさん)
  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
  • 女神酸(にょしんさん)
  • 紫胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
  • 半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)

女性ホルモンの補充は更年期障害の緩和だけじゃない

女性ホルモンの補充は、最近では「骨粗鬆症(こつそしょうしょう)」や「動脈硬化の予防」にも有効であることが確かめられてきました。また、女性ホルモンの補充療法が始まった当初は、卵胞ホルモン(エストロゲン)だけを投与していましたが、効き目がある反面、子宮体がんの発生率が増えるという問題がありました。そこで、さらに研究が進められた結果、子宮体がんを予防する働きのある黄体ホルモン(プロゲステロン)も加えられ、現在の女性ホルモン補充療法が確立されています。

更年期障害は軽減できる

更年期障害の不快症状は適切な治療によって軽減できます

更年期は、生活習慣病が発生し始める時期でもありますのでおかしいな?と思ったら我慢し過ぎず早めの受診を心がけましょう。それから、一般的に、更年期は45~55歳くらいですが、卵巣のはたらきは30代から徐々に衰え始めます。ですから、この頃から少しずつカラダのことを考えながら生活するのがその後のためにも良いですね。まずは、食事のバランスに気をつけ特に牛乳や乳製品などのカルシウムをしっかり摂ること!そして睡眠・休養を十分に摂り、日常的に運動をするなど基本的な生活に気をつけると良いです。ストレスと上手につきあう方法を自分なりに見つけることも大切となります。

どうしても気持ちが塞ぎがちになってしまいますが、女性皆が通る道です。前向きにとらえ、リラックスして明るく乗り越えたいですね♪

関連記事