実は多くの女の子が受験等の勝負日の生理に悩んでいた!!

受験と生理

『大事な受験や期末テストなどと生理がかぶって気が気じゃない!』なんていう思いをしている女の子は結構多く、特に受験の際の生理に関しては心配するお母さんもいるのではないでしょうか?

そんな生理に悩む女の子に、安心して万全の態勢で受験などの勝負に挑める最適な対応策を教えます!

受験などの大事な日に生理の悩みを抱える女の子は多かった!

悩む女子学生

ある女性専用健康情報サイトのアンケートによると、「受験や面接、大事なプレゼンなどの日に生理に悩む」女の子が非常に多く、ナント回答者の約4割の人が大事な日と生理が重なった経験があると答えています。

最近では、初潮年齢が小学6年生というのが最も多く、小学5年生までに初潮を迎える人は5割以上と言われています。この初潮の低年齢化により、小学生で受験と生理が重なる不安などに悩みを抱えるという人も少なくありません。

また、生理は人により量や生理時に現れる症状が大きく異なります。それによっても対策法などが変わってくることもありますので、自分の生理というものをきちんと知っておくことも大事です。

関連記事:『生理にまつわる体験談!みんなの声』『女性の生理の仕組みと体と心の変化』

受験等の勝負日に重なる生理への不安

不安な女子学生

最も不安を感じているのは、受験当日の生理痛や体調不良です。

いつもと違う環境や試験への不安と緊張などで突然の不調に見舞われないか?また、生理痛の痛み止めによって眠くなってしまう事を懸念している人もいました。

特に、中学・高校・大学と受験を経験するのは、10代のまだ生理周期が安定しない内がほとんどです。また、精神的不安が体調に出てしまいやすい繊細な年頃なので、試験のプレッシャーなどから思わぬタイミングで生理が来てしまったり生理痛がいつもより重くなってしまったり・・・などという事にもなりがちです。

この様な時に慌てることが無い様、受験と生理が重なる人もそうでない人も、しっかりと前もって準備しておくことが重要だと言えます。

また、生理痛の痛み止めに関してですが、薬選びが大切です。

特に小中学生の場合、成人用のものではなく、きちんとその年齢に合った成分配合がされている小中学生用のものありますのでそういったものの服用をおすすめします。

なかなか生理に関して相談できないという人が半数以上も・・・

相談できずにモジモジする女の子

意外にも、こういった時に生理の悩みを相談出来ないという人が多いようです。

アンケートではこの事に対して『誰にも相談しなかった』という回答が56.9%で、『家族(母親・姉妹など)に相談』が33.8%、『友達や先輩・後輩に相談』が16.1%でした。

1番は最も身近な家族が気にかけてあげるなどして、本人が話やすい雰囲気作りを日頃からしておく事でこうした悩みを相談しやすくなると思いますので、そうしたことを普段から出来る環境づくりもとても大事ですね。

きちんと自分の生理サイクルを知ろう!

自分の生理サイクルを知ろう!

受験直前に生理が重なると気が付いても急に万全な準備は出来ません。生理周期が安定している、いないに関係なく、日頃から自分の生理周期をしっかり管理することで自分で大体の生理の予測をしておく事は大切なひとつの対策法です。

受験時に重なる生理の主な対策法

問題解決!

受験時になんとか不安をやわらげ快適に過ごすための対策として効果的だと思われる生理対策法を紹介したいと思います。

  • ナプキンは夜用などの大きめで長時間タイプのものを使用
  • 事前にトイレの場所を確認し、ナプキンは換えられる時に換えておく
  • 生理痛が辛い人は上手に痛み止めを利用し、我慢し過ぎず早めに薬を飲んでおく
  • 身体を冷やす事のないよう、お腹や腰をホッカイロや腹巻などで温めるようにする
  • もしも漏れてしまった時の事を考えて、服装は黒や紺など色の濃いものを選ぶ
  • 軽く体を動かす
  • 低用量ピルを使用して生理をずらす

最もおすすめなのは低用量ピルでの対策法!

生理の対策法は先に紹介した通りいくつかありますが、最も安心できる最適な対策法は低用量ピルで生理を避けることです。

ピルと聞くと不安に思う人もいるかもしれませんが、ピルは女性にとってメリットがとても多く副作用などの心配もほとんどないものなのです。

ちなみにピルは本来、医師の診察と処方が必要な薬ですが個人輸入という通販方法なら医師の診察も処方も必要なくピルを購入することができます。

関連記事:『低用量ピルとは?』、『安心して始められる初めてのピルガイド

ここで、受験など一時的に生理対策をする際におすすめの低用量ピルを2つ紹介します。

「マーベロン」

マーベロンはとても取り扱いやすくピルの中でも特にニキビに有効なピルで、初めてピルを利用する方にお勧です。

関連記事:『低用量ピル「マーベロン」はニキビにとても有効です!』もぜひ併せてご覧下さい。

マーベロン
  • 日本でもよく用いられている初めての人に適した低用量ピル
  • 男性ホルモンの作用が弱いからニキビなどができにくい!
  • ストレスによる生理不順も解消され生理痛も軽くなる!

1箱 21錠

1,280円

マーベロンをもっと詳しく知りたい方はこちら

「ヤスミン」

ヤスミンは超低用量ピルというピルの中で最も副作用が抑えられたピルで、こちらも取り扱いやすく副作用が軽いピルの中で最も太りにくいピルです。

関連記事:『ヤスミンは太りにくいピル!』もぜひ併せてご覧下さい。

ヤスミン
  • 最もホルモン量が少なく副作用が弱い
  • ニキビ発生の抑制、むくみ、ガスなどの副作用が少ない
  • ホルモンバランスの変化による体重の増加が少ない

1箱 21錠

2,980円

ヤスミンをもっと詳しく知りたい方はこちら

低用量ピルによる生理のコントロールですが、飲み始めは身体が慣れるまでの間、頭痛や吐き気を感じたり不正出血したりする場合もあります。

また自分に合ったものを利用した方が良いので避けたい日よりも前に飲み始め慣らしておく必要があります。

低用量ピルで生理をずらす詳しい方法については『生理遅らせたい!!そんな時は低用量ピルで解決☆』を参考にしてみて下さい。

ピルを使えば生理の心配は一切要らず、また、確実にいつ生理が来るのかを把握することが出来て生理痛が辛い人はその生理痛も和らぐ効果がある為、こうした特別な日以外の普段から利用する事もとても良い事だと思います。

是非、こういった対策法を試して生理の不安や悩みを減らしてみては如何でしょうか?

関連記事