そろそろかな?閉経前の兆候

更年期

あれ?最近ちょっと変かな…

何だか最近、生理周期が乱れて量が少なくなって来たな…もしかして、そろそろ閉経?

日本人女性の平均閉経年齢は、50歳前後といわれています。とはいっても個人差がとても大きく、早い人では40歳、遅い人では平均といわれる50歳を過ぎてもまだ生理が来ているという人もいます。

更年期や閉経は、女性であれば必ず迎える現象で、更年期障害の症状が重たい女性にとっては非常に辛い時期です。ここでは、閉経前に起こる「閉経の兆候」についてお話ししたいと思います。

閉経前の期間と閉経前の兆候

閉経までの期間は、大体兆候が現れてから数年で閉経となる人が多いです。しかし、閉経のタイミングなどは個人差が大きく中には数年経っても中々閉経を迎える事無く長期化する人もいます。

閉経前の症状や兆候として最も多いのは「生理不順」で、更年期に入り女性ホルモンの1つであるエストロゲンが急激に減少する事によりホルモンバランスが乱れて生理不順を引き起こします。

生理不順の他にも、情緒不安定になったり、生理痛、関節痛、多汗、冷え、頭痛など更年期特有の症状が起こり、体調を崩す人が多いです。

閉経前の生理に関しては、出血量が一時的に多くなり、その後徐々に量が減少していく兆候があります。生理でない時期の不正出血も増える傾向が多く、そのうちに生理の感覚が空くようになり1年以上来なくなって閉経となります。

しかし、更年期に不正出血や周期の乱れが続き、閉経の兆候なのだと思っていたら別の病気だった!という事もある為、この様な症状が現れて閉経かな?と思ったらその時点んで1度婦人科等を受診する事をおすすめします。

閉経が近づいているかどうかは血液中のホルモン値の検査によって調べることが出来ます。また、基礎体温でも調べることが出来、排卵後に起こる「高温期」が閉経が近づくとなくなっていきます。

更年期に入る前の早い時期からのケアが大切!

更年期から閉経までの期間を少しでも快適に上手く切り抜けるためには、早い時期からのケアが大きなカギととなります。

最近では働く女性も増え、ストレスや不摂生な生活、食事バランスの乱れなどによって平均とされる更年期の年齢よりも若い、20代や30代の女性でも更年期になってしまう「若年性更年期」が増えています。

1番気を付けて積極的に取り組んでほしいのは「生活習慣の見直し」で、中でも食生活の改善はとても重要です。

積極的に摂っておいた方がいいのが大豆製品で、大豆に含まれる「大豆イソフラボン」には女性ホルモンの働きを補う効果があり「自然のホルモン」とも言われています。この大豆イソフラボンを更年期に入りホルモンバランスが乱れてくる前から閉経までしっかりと摂る事でホルモンの急激な減少に対応しそれによって引き起こされる様々な不快症状を緩和することが出来るのです。

関連記事