更年期から閉経まで

更年期障害

女性の更年期から閉経まで

女性は一般的に45歳から55歳までが「更年期」とされており、そこから「老年期」に入り徐々に閉経を迎えます。この更年期から閉経までに現れる様々な不快症状を「更年期障害」と呼び、その程度や症状は人によって大きく異なります。ここでは、そんな更年期から閉経までのメカニズムやそれに伴う症状等をご紹介したいと思います。

更年期とは

女性は、8~18歳の「思春期」と呼ばれる時期から18~45歳の「性成熟期」と呼ばれる時期の間は順調に女性ホルモンが分泌され、40代を迎える頃になると卵胞の数が急激に減り始め、さらに卵胞自体も衰え妊娠しにくくなります。そして、やがて生理が無くなり閉経を迎えます。更年期とは、この閉経をはさんだ前後10年の期間を指します。

更年期に起こる更年期障害について

更年期障害における症状は人によって程度や状態がかなり異なります。中には全く何の症状も感じないまま閉経を迎える人もいれば、日常生活に支障が出るほど症状の重い人もいます。これらは、減少していく女性ホルモンの1つ「卵胞ホルモン(エストロゲン)」の影響で体内のホルモンバランスが乱れ、それによって自律神経の調節が乱れて「ほてり」や「のぼせ」、「冷え」や「多汗」といった不快症状を引き起こすのです。この不快症状を「更年期障害」と呼び、これらは不足した卵胞ホルモンの補充やストレスの解消、生活習慣の改善等で症状を緩和することが出来ます

閉経とは

閉経とは、年齢と共に減っていく卵胞の数が、卵胞ホルモンの減少と共にほとんどなくなっていき、最終的に生理が止まることを「閉経」といいます。

更年期から閉経までの変化

女性は、生まれた時には既に卵巣に約200万個もの卵胞を蓄えています。それが思春期までに10分の1から40分の1に減り、その後も月経の度に多くの卵胞が自然消滅してしまいます。40歳を前後ともなると卵胞の数が急激に減少して行き、卵胞自体が衰えて老化し、50歳になる頃には卵胞はほぼ無くなり、その後生理が一切来なくなって閉経となります。

卵胞ホルモンは卵胞の成熟から排卵までに多く分泌されます。しかし、卵胞が減少すると、その分卵胞ホルモンの分泌も減るという事!しかし、卵巣が卵胞ホルモンを十分に分泌できなくなっても、脳の視床下部は卵胞ホルモンを分泌するように指令を出し続けます。しかし、卵胞ホルモンが分泌されないため、脳の視床下部では大きなパニックが生じます。

卵胞ホルモン分泌のスイッチである脳の視床下部はこの他にも自律神経のコントロールにも関わっています。そのため、視床下部パニックに陥ると身体のあちこちに不調が現れ一時的な自律神経失調症が起こります。自律神経には、「呼吸や代謝」、「血圧」、「発汗」、「消化」など生命維持を支える機能をコントロールする作用がありますが、自らの意思でコントロール出来ない神経なため、これにより「動悸やのぼせ」、「発汗」といった不快症状が起こり、中には気分が塞ぎがちになったり何もないのに何だか急に不安に陥ったりといった激しい情緒不安定に悩むという人もいます。また、症状は必ずしも1つという事はなく、いくつもの症状が併発されることも多く、逆に全く何の症状も感じられないという人もいます。

閉経後について

卵胞ホルモンが分泌されなくなり閉経を迎えると、それまであまり身近に縁のなかった骨粗しょう症や動脈硬化といった病気にかかりやすくなってきます。今までの生活習慣のツケがこの老年期に返って来るのです!

今後更年期や老年期を迎えた際に辛い思いを少しでもせず、上手く付き合いながらやり過ごす為には、今から更年期・老年期を見据えてその時に起こる不調を和らげるために生活習慣の改善やセルフケアをして健康や日々の生活の快適を保てるよう心がけるようにしましょう。

関連記事