産後に起こりやすい子宮脱って?

産後

子宮脱という疾患をご存知でしょうか?妊娠の経験のある女性であれば知っている人も多いのではないかと思いますが、この子宮脱は特に産後に起こりやすい疾患です。ここでは「産後の子宮脱」についてご紹介します。

産後起こりやすい子宮脱とは

子宮脱は子宮が膣内や膣の入り口に出てしまう疾患です。この子宮脱は加齢や手術による影響、体質などによっても起こる可能性はありますが、産後が最も子宮脱を起こしやすいと言われています。

なぜ産後に子宮脱が起こりやすいのか?というと、本来子宮をはじめ腸などの臓器は骨盤内の靭帯によって支えられ骨盤内に納まっているのですが、この子宮などの臓器を支えている靭帯が切れてしまったり靭帯の筋力が弱まってしまう事で臓器を支えられなくなってしまい膣内や膣の入り口、時にそこから体外へ臓器が飛び出してしまい子宮脱となります。産後は骨盤が開きこの臓器を支えている靭帯が妊娠・出産によって伸びるため最も性器脱を起こしやすいと言われているのです。

特に初産ではなく2人目以降の経産婦や体重4.000g以上の巨大児を出産した女性、高齢出産の女性の産後に子宮脱が起こりやすく、産後腹部に異物感などの違和感を感じたり残尿感や頻尿、尿漏れといった排尿障害の症状を引き起こし酷い場合には膣を通して体外に子宮が出てしまったり擦れて傷がつき痛んで出血や炎症、さらには雑菌混入により感染症を招くこともあります。

子宮脱の治療法

産後の子宮脱は経過とともに体が徐々に回復し、それに伴って骨盤内の靭帯の筋力や開いた骨盤も戻っていくため軽度であればそのまま治療なしに回復するという事もあり、また、漢方薬や開いた骨盤を戻す運動や骨盤矯正ベルト、筋力をつける運動などによっても改善出来ますが、状態が悪化しひどくなってしまっている場合には何らかの治療が必要となってきます。

主な治療法はペッサリーと呼ばれるシリコン製のリングを膣内に装着し、骨盤内の臓器を支える方法と骨盤内の臓器を支えている靭帯に見立てた人口のメッシュを装着する方法があります。

先に挙げたペッサリーですが、避妊に使用されるものとは違います。また、人によりサイズ等が異なる為、調整に時間を要したりペッサリーの違和感に慣れるまでに時間がかかる他、定期的な検診が必要で場合によっては膣を傷つけてしまう事もあります。

一方、人口メッシュを用いた治療法では術後の痛みなどほとんどなく、子宮脱の再発率も低いうえ入院期間も10日ほどと短くて済み経済的にも身体的にも負担が少ないので現在では手術を要する場合はペッサリーでの治療よりも人口メッシュによる治療の方が多くなってきています。

子宮脱は予防できます

子宮脱は普段の生活の中で予防することが出来ます。子宮脱は腹圧がかかることで起こりやすくなるので、普段、排泄の際に強くいきんだり重いものをよく運ぶしごとや立ち仕事をしている人、また喘息などの呼吸器疾患によって慢性的に咳などを起こし腹圧がかかっているという人は特に予防に努めることをお勧めします。

子宮脱の予防法としては骨盤内の筋力を鍛える運動をする他、肥満によって臓器が圧迫されることで子宮脱を起こしやすくするため肥満の防止や改善も1つの予防法となります。また、便秘だとどうしても排泄の際に強くいきみがちになってしまうため便秘の予防と改善も子宮脱の予防につながります。

違和感を感じたら放置せずに医師に相談を!

産後、腹部や膣に何か違和感等を感じたら「体が回復すれば治まるだろう」と放置せず医師に相談することをお勧めします。軽度であれば手術の様な治療も必要ありませんし、悪化によってその後なかなか妊娠しにくくなったり早産しやすくなってしまう事もあります。手術も多少なり負担がかかりますし、感染症にかかってしまったらそちらの治療も必要になってきます。1番は普段から予防に努める事ですが、何か変だななどと感じる場合には早めに婦人科等を受診し正しい診察と迅速な対応を取るということが大切です。