更年期...まだ若い女性は関係ないと思っていませんか?

若い女性と更年期

更年期や更年期障害とかって閉経の近い年齢になってからだから、20代・30代の「私にはまだまだ関係なーい!」って思っていませんか?

もし今、生理不順やほてり・ストレス・冷え性・動悸・めまい・むくみ等の不調のある方。一見なんてことない症状だと思うかもしれませんが、実はそれ「若年性更年期障害」かもしれませんよ!

女性の更年期と更年期障害

そもそも、日本人女性の平均的な閉経年齢は50歳前後と言われています。

更年期とは、この前後10年間ぐらいの間の時期の事を指し、この時期に卵巣の働きが徐々に低下していきます。その為、閉経が近づくと卵巣から分泌されるエストロゲン(卵胞ホルモン)という女性ホルモンの量も少なくなってくるのですが、脳からはエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が不足しているのでもっと分泌せよ!という指令が卵巣に届けられるのです。

つまり、もう卵巣にはエストロゲン(卵胞ホルモン)を分泌する能力はないのに、脳からは卵巣を刺激するホルモンがどんどん分泌されるので、そこでホルモンバランスの乱れが生じ自律神経の働きが崩れて更年期障害が起こるのです。

若くても更年期障害は起こる!

最近では、20代・30代のまだ若い女性にも生理不順になったり、月経が無くなって更年期障害と同じような症状を訴える人が増えてきています。

これを「若年性更年期障害」と言い、この中には実際に閉経してしまうという人もいます。

医学的には1年以上無月経が続くと閉経とみなされ、43歳以前に閉経を迎えると「早発閉経」と呼ばれ、病的な状態と考えられています。それより短期間、たとえば月経が無くなって半年ぐらいであれば、「続発性無月経」と呼ばれます。

しかし早期閉経に関しては、現在若い女性で本当に早発閉経に至ってしまうという人はごく少数です。

では、なぜ今その様な若い女性が増えているのでしょうか?

若年性更年期障害が増えている原因

その主な要因は、女性の社会進出が当たり前になったことによる「ストレスの増加」・「過度のダイエット」や「不規則な食生活」等です。

特に過度のダイエットなどにより短期で体重が激減した場合、体は俗にいう「栄養失調」の状態となり、身体が生命活動を優先させようとする結果、月経が止まってしまうという事があります。

無月経は、長く放置すると治療をしても回復しなくなることもありますから、早めに治療を受けることが肝心です!

女性の身体というものはとても繊細で、それらが女性ホルモンの分泌にすぐに影響を与え様々な障害を引き起こします。

最近身体や生理の調子がおかしいなと感じたら病院を受診しましょう

「私の今の症状、もしかして若年性更年期障害かな?」「何だか最近身体や生理の調子がおかしいな」と思ったら、まずは軽視せずに今の症状が若年性更年期障害早発閉経なのか?また別の病気なのか?という事を病院等でしっかり診察してもらうという事が大切です。

また診察の結果そうであると診断されたとしても、これらは生活習慣の改善やホルモンの補充・ホルモン分泌を促す薬による治療で改善されます

ストレス社会と呼ばれる現代では、男女関係なく本来ならばまだ起こらない様なことも20代・30代といった若い世代の人に起こり得る時代になっています。このまま時が経ってしまったら、いったい日本の未来はどうなってしまうのでしょうか?

関連記事