生理にまつわる体験談!みんなの声

生理体験談

女性には切っても切れない『生理』人によって量や生理痛の有無・強さ、症状などが全く違うので普通の生理というものがどういうものなのかというのは難しいです。しかし、自分の生理が人と比べてどうなのだろうか?などという事も女性であれば気になるところですよね。

そこで今回は当サイトに寄せられた生理に関する体験談をご紹介します。

生理の体験談その1

「腹部と頭痛のダブルパンチを温めて対策しています」

30代の女性ですが、若い頃はとにかく強烈な下っ腹の生理痛に悩まされていました。生理が始まる2日ほど前から急激にお腹が重くなり、痺れるような疲労感を覚えます。その後ズキズキと痛みが激しくなってきたと思ったら生理の開始です。

私の場合は1日目がピークで、2日間かけて徐々に治まってくるのですが、生理時の出血の不快感と激痛が相まって学生時代は授業中じっと座っているのも苦痛で仕方がありませんでした。机に突っ伏しながら勉強をしていたものです。ただ、市販されている生理痛の薬を飲めばある程度緩和できる程度でしたので、薬のおかげで何とか付き合ってこれたと思っています。

これが変化してきたのが30歳を過ぎた頃からです。このくらいから生理時の出血量が減ってきて生理の期間も短くなったのですが、今度は腹痛に変わって頭痛に悩まされるようになりました。排卵日になると締め付けられるように頭が痛み、デスクワークでパソコン画面をじっと見続けていることも苦痛になってきます。目を瞑れば楽になるのですが、仕事中はそうするわけにも行きません。生理初日は腹部の鈍痛と鋭い頭痛のダブルパンチです。

ただ、床に伏せるほどの不調ではないのでいつもどおりに出勤していますが、不調を隠しながら仕事をするのはかなり大変で気を遣います。生理中はずっとしかめっ面で仕事を仕事をしているためか不機嫌だと思われているようで、この期間はあまり人が近づいてきません。

病院にも行ったことがあるのですが、特に病的な原因はなく、血行不良と冷えのために痛みを感じやすいことや、頭痛が表れ始めたのはホルモンバランスの変化によるものだと指摘されました。

やはり頭痛に関しても市販の痛み止めを飲んで対処をしていますが、下半身を温めるのと同時に肩と首を冷やさないようにもしています。これがかなり効果的で、夏場でも生理時にはカイロが欠かせませんし、痛くなったら下っ腹にも肩や首にも貼って温めるようにしていて、血行をよくすることで生理痛を緩和させていますがすごく楽になりました。

ただ、こうした対策も周りから見るとずいぶんおかしな見た目になるようで、ひざ掛けや肩掛けで完全防御をしながらパソコン画面を睨み付けて仕事をしている様が面白いとも言われています。

生理痛対策だと話したらわかってもらえましたが、いつもじっくりと温めすぎて、お風呂に入る時に裸になったら下っ腹に汗疹までできてしまっているのには笑ってしまいます。

関連記事:【女性の生理の仕組みと体と心の変化

生理の体験談その2

「生理痛のときは痛みを我慢しすぎないようします」

私は26歳なのですが、数年前くらいから生理に悩まされることは格段に減ったような気がします。ですが、学生時代は急に大変になるときがあり、そのときは苦労しました。

量が多すぎて大変ということは幸いなかったのですが、痛くて大変なときは、ほんのたまにありました。

痛みの種類と言っても、色々あります。圧倒的に多かったのは鈍い痛みです。この痛みは、今でもたまに来ることがあります。

ですが、少しやばいなと感じたときに、ヘソの下を強めに押すと、痛みがそれ以上酷くなるということは、ほとんどありません。それでも収まらなかったり酷くなった場合は、我慢せずに薬を飲むようにしています。

我慢出来ないのかと思う人もいるかもしれませんが、対処した上でどうにも出来ないのだったら、薬を飲まないと日常生活に影響が出てしまうのです。

ただ、何かあってすぐに薬を飲むのは良くないと個人的には思っているので、とにかく自分なりに対処してからにするようにしています。

しかし、前触れもなかったことがあります。

私はそのとき生理だったのですが、お腹が痛くなったこともありませんでしたし、生理に関する悩みは特にありませんでした。ですので、普通に寝たのです。

ですが夜中に、目が覚めました。理由は、あまりにお腹が痛かったためです。

そのときは、生理が理由だとは思いましたが、どうしていいかは分かっていなかったので、あたふたしました。恐々と起き、薬を飲みました。ですが、もう結構痛くなっているので、効くのかどうかも分かりませんでした。

そもそも、ちゃんと効いてくれるのかどうかも分からず不安でした。ですが、ちゃんと薬を飲み、お腹を暖かくして頑張って寝ました。

最初は痛くて汗が出るほどだったのですが、夜中ということもあり眠かったのでしょう。いつの間にか、私は寝ていました。

翌日は、あの汗が出るほどの痛みは引いていましたが、鈍い痛みがありました。日中何かあっては大変だと思い、薬を飲みました。そのおかげか、日中痛みもなく過ごすことが出来ました。

薬を飲むのは、未だに抵抗があります。ですが、薬を飲まないと日常生活に影響を及ぼすことも考えられるわけですし、無理はいけないと学びました。

私はいつも薬を飲むわけではないので、たまに飲むくらいだったらあまり気にしません。そして、薬を飲んだ後は、お腹を暖かくすることも忘れません。そうすることで、痛みがより早く治まってくれるような気がするのです。

関連記事:【実は多くの女の子が受験等の勝負日の生理に悩んでいた!!

生理の体験談その3

「私の今までで一番生理痛がひどかった体験談」

私は生理痛がひどくて毎回とても辛い思いをします。では、今まで一番私が辛かった生理痛の体験談を紹介したいと思います。

私が学生だった頃の話です。朝生理がきたのですが、そのときはさほど生理痛などはありませんでした。普通に授業に出られましたし、少しお腹が痛いなというくらいです。ですが、お昼が過ぎた頃急にお腹が痛くなってうなるくらい痛くなりました。しかし、授業中だったのでひたすら我慢していました。

そのまま1時間くらい我慢していたらお腹の痛みがピークになり、次は気持ち悪くなって吐き気がしてきました。ですが、そのまま授業中に机の上でずっとひたすら我慢するしかありませんでした。

そして、いよいよ辛くなって先生に手をあげて気分が悪いといって席を立ったらめまいがしてその場に倒れてしまいました。本当に気持ち悪くて、一瞬目の前が真っ暗になりました。

そして、その場に倒れこんでしばらくして少し良くなったらクラスの友達に支えられてなんとか職員室に行く事が出来ました。その間もお腹が本当に痛くて痛くて辛かったです。血の量も半端なく多くてトイレに行くとナプキンが血で真っ赤で新しくしても1時間でまた、ナプキンが真っ赤に染まってしまいます。

生理痛が辛いといっても倒れるほど辛かったのはそれが初めてだったので、自分でも驚きました。そして、それから保健室に1時間くらい寝ていたら少し良くなったのですが、これ以上授業を受けるのが辛かったので早退をしました。早退するときも自分で帰れる自信がなかったので、先生に親を呼んでもらって家まで帰りました。

その日はそのまま症状が良くなったのですが、次の日友達には「どうしたの?」とたくさん聞かれました。女子には「生理」といえたのですが、男子に聞かれたときはさすがに答えに悩みました。そして、それ以来生理がくるのがトラウマになってしまったので、生理になったときはすぐに痛み止めを飲むようにしています。薬を飲むようになったらうなるほどの傷みがあることはなくなりました。

生理痛で気分が悪くて倒れてしまったのはこれが最初で最後だったのですがすごく辛い思い出でした。今もまだ生理になると相変わらず生理痛がひどいのですが、なんとか仕事や家事に支障がない程度になっています。生理痛がひどい人は無理しないで痛み止めをすぐに飲んだほうが良いです。もし、生理痛がひどくて悩んでいる人は参考にしてくださいね。

関連記事:【肌荒れ・イライラ解消】避妊効果99%だけじゃない!女性に嬉しいピルのメリット

生理の体験談その4

「私が行ってきた生理痛との付き合い方」

29歳1児の母です。私の場合、生理が始まったのは小学校5年生の時でした。

当初は生理痛もほとんどなく過ごしていたと記憶しています。その後、徐々に生理痛が酷くなっていき、高校1年生くらいからは生理中に倒れてしまうことも多くなりました。

倒れるといっても意識を失うわけではなく、痛みをひたすら我慢していると大量に冷や汗をかきはじめ、急にめまいと吐き気で立っていられなくなるような感じです。

過去に生理以外で一度だけ、採血時にうまく血が取れず、何度も何度もやり直されたときに全く同じ状態になりました。

その際に「迷走神経反射」という言葉を知り、私の体はどこかおかしいんじゃないだろうか、という長年の不安が解消されたように思います。

私の生理痛の場合、痛み自体は確かに酷いですが、黙ってじっとしていれば耐えられないほどではありません。(痛みのせいで冷や汗をかきとても寒くなりますが、高校の時の保健室の先生に、「汗を服の中にため込んで体温が急激に下がっているから、こんな時はできれば厚着しない方がいい」と言われました。)

ですが、痛みを我慢している時間が長引き、だいたい2~3時間程度痛みの波に耐えていると急に気持ち悪くなり、体に力が入らず立っていることができなくなってしまいます。

私がやったことは、まずは産婦人科巡りです。

地元で有名な産婦人科、いいらしいよ、という産婦人科には一通り足を運んだと思います。そこで色々と検査をしてもらいましたが、人より少し水が溜まっている程度で異常はないとのこと。若い子に増えている「月経困難症」だろうと診断されました。

特に病気というわけではないけれど、生活に支障が出るほど生理が酷い人のことを言うそうで、体質の問題だから「病気を治す」というより、「体質改善をする」ことになるそうです。

最終的には生理を止めると楽になるからピルを処方することもあるが、まだ妊娠/出産したことがない、成長途中の体にピルを処方するのは最終手段にしよう、ということになり、漢方を処方してもらって様子を見ることになりました。

その時に処方されたのは「桂枝茯苓丸」という漢方です。他の産婦人科にかかった時も処方されたので、痛み止め以外では一般的なものかもしれません。

私の場合は生理痛そのものよりも生理痛を我慢することで起こる迷走神経反射に困っており、これは精神的なものが大きかったため、産婦人科できちんと診断してもらったこと、体質なんだと理解して無理しないように付き合ったこと、妊娠、出産を機に少しだけ痛みが和らいだことから、今は日常生活に支障が出るほどではなくなりました。

この経験が、少しでも同じような悩みを持つ方に伝われば幸いです。

関連記事:【低用量ピルとは?

生理の体験談その5

「うっかり漏れてサドルに血がついた」

現在29歳になるという年齢なのでもう随分と長く生理とは付き合ってきているのですが、正直ずっと悩まされています。血が足りなくなって貧血を起こして倒れかけたこともあれば、生理痛がつらすぎて痛みに喘ぐという言葉を身をもって理解したこともありました。

そんな生理辛いエピソードの中でも最も個人的にやらかしてしまったなと思ったのはまだ10代の学生だった頃、サドルに付着してしまったときのことでしょう。

その当時、自宅から最寄り駅まで自転車、電車に乗り、学校の最寄り駅から再び自転車に乗るという通学方式を取っていました。それなりの距離はあったものの、いつの間にか慣れてきていてさほど気にならなくなっていたものです。

そのような通学をしていたある日、学校でなかなかトイレに行けない時がありました。行く時間はあるにはあったのですが、まぁ大丈夫だろうと思い行かなかったというのが正確な言い方かもしれません。多い日用を使っているし、帰ったらすぐ変えればいいやとそのまま自転車に乗り、帰路につきました。

自転車を置いて駅へ向かい電車に乗り、特に何事もなく自宅の最寄駅へ着きました。10分程度なら家に帰ってからゆっくり変えればよいかと思っていたのですが、思えばそこでトイレに寄っておけばよかったのです。その日はあまり生理痛も酷くなかったですし、生理現象的な意味でのトイレも行きたいと思っていなかったのでそのまま帰ってしまったのでした。

そして自宅に着き自転車降りた際にやらかしに気づきます。

自転車のサドルが赤く染まっているのです。股で挟むような形で血が付着していたため、あぁこれはやってしまったなと肩を落としました。そしてまずは冷静にティッシュで軽く拭き、取り切れない部分は水筒に入っていたお茶でティッシュを濡らして拭きました。何枚か使って吹いているうちにきれいになったので一安心です。

と、それで終わればよかったのですが、ふと思い立ちお尻を触ってみると指にこれまた赤いものが付着します。これはまさかと急いで家に入り服を脱いでみると、案の定赤く染みになっていました。今度こそ本気で焦りましたね。

ひとまず水で洗ってみたのですが、いまいち取りきれません。そこで普段パンツに経血が付着したときに洗うのと同じようにボディソープを使って洗ってみました。すると無事きれいになり、心底ホッとしたのでした。

帰宅時で良かったですが、これが外出先だったらと思うとゾッとします。

これ以来ナプキンを過信しすぎず、適宜変えることを学んだのはいうまでもありません。

関連記事:【なかなか落ちにくい生理時の経血の洗濯方法