当帰芍薬散が女性にもたらす効果とは

当帰芍薬散

当帰芍薬散ってどんな漢方?

当帰芍薬散(とうきしゃくやくとう)は、『当帰(とうき)・川芎(せんきゅう)・茯苓(ぶくりょう)・白朮(びゃくじゅつ)または蒼朮(そうじゅつ)・沢瀉(たくしゃ)・芍薬(しゃくやく)』という漢方成分が配合されて作られた漢方薬です。それぞれの成分の効果については次の通りです。

当帰(とうき)
鎮痛・鎮静・強壮・血流を良くするなどの効果があります。
川芎(せんきゅう)
鎮痛・鎮静・強壮・血液を増やし血流を良くするなどの効果があります。
茯苓(ぶくりょう)
利尿・脾(けん)の機能の促進・血液中の糖の抑制・体力増強・薬の巡りを良くするなどの効果があります。
白朮(びゃくじゅつ)・蒼朮(そうじゅつ)
水分の代謝を良くする・腸内環境を整え胃を健康に保つ・利尿・発汗作用などの効果があります。
沢瀉(たくしゃ)
体内の水分の代謝を整え、不要な分を体外へと排泄する作用があります。
芍薬(しゃくやく)
筋肉の痛みやけいれんを緩和し、血管の働きを正常にする効果があります。

女性に対する効果とは

当帰芍薬散は配合されている成分効果から利尿作用があって血管や血液を正常・活発化し、痛みを和らげる効果に優れています。その為、女性特有である生理痛の緩和や冷えや貧血の改善、女性ホルモンのバランスを整え生理不順や更年期障害を改善、さらに水分や塩分の摂りすぎによって起こる水太りやむくみの予防・改善効果が期待できます。

実際に当帰芍薬散は男性よりも女性に処方されることが多く、婦人科など病院等でもよく用いられている漢方の1つです。婦人科においては低用量ピルに抵抗のある女性に処方されたり、冷え性や貧血の治療、流産を防止するためや産後の体力回復のため、排卵を正常化し不妊を改善する不妊治療として、更年期障害の症状を緩和するためなどの目的で用いられています。

人により個人差はありますが、平均的には1ヶ月の服用で改善効果が表れ始めるとされています。

副作用や危険はないの?

漢方は基本的には副作用のないものとされていますが、生薬事態にアレルギーを持っていたり症状に対して適切なものでなかったりすると体調不良を引き起こすことがあります。

当帰芍薬散に関しては漢方の中では副作用が起こりにくいとされていますが、もともと胃腸が弱いまたは弱っている人が服用すると胃の不快感・食欲の低下を引き起こすことがあると言われていますが、該当する人全てに必ず引き起るものではありません。

効果的な使用法を紹介

当帰芍薬散は1日7.5g(成人)を2~3回に分け、食前または食事と食事の間の空腹(胃に食べ物がない状態)の時に服用します。ただし、たまに胃もたれするような方は食前や空腹時ではなく食後に服用するか、服用の際に水などでなくアルコールで服用する事で胃の負担を軽減できます。

また、六君子湯(りっくんしとう)・安中散(あんちゅうさん)・半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)と呼ばれる漢方薬との併用も良いと言われています。

当帰芍薬散は女性の救世主

当帰芍薬散は女性が悩みとして抱える症状の多くを改善出来る女性にとっての救世主漢方ですね。食事や生活習慣の改善、医薬品によって改善することもできますが、日々の生活を変えるというのは中々難しく、特に働いている女性は食事を摂る時間や寝る時間を理想的とされるものに変えるというのは困難な事が多いでしょう。また、医薬品に頼りたくないという方もいます。そんな方はぜひ当帰芍薬散を摂り入れてみてはいかがでしょうか。